ネット越しにMacを共有する『どこでもMyMac』の設定方法

---広告---
どこでもMyMac

今は亡きMobileMeでも使うことができたのですが、OSX10.7Lion時代になって、iCloudの機能の1つとして実装されましたとても便利な機能。

その名の通り、出先のMacからインターネット越しに自宅にあるMacへアクセスできる機能なんですが、この機能に対応したAppleのAirMac Extremeベースステーションに任意のHDDを接続したり、Time Capsule
(以下AirMac等)を使えば簡単にCloud環境を構築できます。

【広告】

MacのiCloud設定

使用するMacと、ファイルサーバーとなるAirMac等の設定が必要なのですが、Mac側で設定するのは2カ所。

1、システム環境設定>共有のファイル共有
ファイル共有

2、システム環境設定>iCloud
iCloud どこでもMyMac

AirMac等サーバー側の設定

まずMacからAirMacユーティリティを使って、AirMacの設定画面を表示します。
AirMacユーティリティ

2、ネットワーク>ネットワークオプション…>NATポートマッピングプロトコルを有効にする
NATを有効にする

3、ベースステーション>どこでもMyMac
をクリックしてiCloudに設定しているAppleIDを設定します。
正常に動作すれば、右側に緑色のランプが点灯します。
どこか設定が間違っていると、赤や黄色いランプが付きます。

どこでもMyMacの設定

そして、アップデートをクリック。

これで、インターネット越しに、Airmac extremeに接続したハードディスクドライブや、自宅にあるMacへ接続することができるようになります。

* * * * * * *

今は、DropboxSugarSync(シュガーシンク)など、いろんなクラウドサービスが全盛期ですが、このどこでもMyMacはストレージ容量や料金の心配をせずにプライベートな環境を作る事ができるというのがミソですね。

同じようにプライベートなCloud環境を作る事ができるPogoplugという製品もあります。

 

また、UPnP対応のルーターであれば、他社製品でも「どこでもMyMac」を使用できますが、Appleファンの私としては、設定も簡単ですし、Macと相性抜群のAirMac等の製品をオススメします。

 

Appleのサイトにもサポート記事がありましたので、参考にどうぞ。
参考サイト:OS X:iCloud アカウントによる「どこでも My Mac」の使用とトラブルシューティング
参考サイト:OS X:「どこでも My Mac」には AirMac ベースステーションまたは UPnP 対応の他社製ルーターが必要

Written by Metal(@Metal_mac

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です