【Mac】Googleの2段階認証プロセスに対応していないアプリの対処法

---広告---
Googlelogo

昨年末、Googleのアカウントが乗っ取られる事件が相次いだので、私も自分のアカウントに設定してみました。

参考サイト:ニュース – Gmailの乗っ取りが国内で相次ぐ、パスワードの強化や2段階認証の利用を:ITpro
***

【広告】

2段階認証プロセスって何?

ご存じない方のために、簡単に解説します。

Googleのセキュリティを高めるためのシステムで、Googleアカウントを持っている方ならどなたでも設定できます。

何も設定していない状態では、パスワードを盗まれたりすると、どんなパソコンやiPhoneなどのデバイスからでもログインできてしまいますが、この設定をすると予め認証したデバイスやアプリケーションからしかログインできなくなります。

設定箇所

設定場所は、ログイン画面も右上

Login 編集画面へ

認証方法

Googleのアプリケーションでは、設定画面で携帯電話のメールアドレスを設定したアドレスに確認コードが送信されますので、それを入力します。

Iphonekakunintuchi

また、Googleへアクセスする必要のあるアプリケーションは、普段通りにパスワードを打ち込んだ後、固有のパスコードの入力を求められますので、アプリケーション固有のパスワードを生成して入力する必要があります。

03+password make パスワードを生成

この場合、コピー&ペーストができないので注意

参考サイト:2 段階認証プロセス – Google Apps ヘルプ

字幕を表示できます↓

アプリケーションが対応していない場合

Googleアカウントを設定するMacのアプリケーションでも、この2段階認証プロセスに対応していないアプリケーションがあります。

カレンダー.app」や「メモ.app」などがそれに当たります。

私も対処方法が解らなくて、いつものパスワードを入力してもはじかれるばかり。
エラーが出るだけで、2段階認証プロセスの画面は出てきません。

調べたところ、パスワード入力画面で、最初からいつものパスワードに代えて、固有のパスワードを入力すればログインできることが解りました。^_^
※一度エラーが出た画面には固有のパスワードを入力してもダメみたいなので、最初からこのパスワードの入力するようです。

まとめ

この2段階認証は、設定当初いちいち固有のパスワードの入力を求められるし、設定済みのアプリケーションにも固有のパスワードを入れ直さなければならないので、結構鬱陶しかったです。
逆に考えると、それだけGoogleと私の生活に入り込んでいるという証しですね。

それにGoogleのセキュリティに対する本気度を感じられて好感が持てました。

転ばぬ先の杖とも言いますので、時間のある時に設定しておくと安心できると思います。

関連記事:【IT】Appleが生体認証の技術を現実のものに!?

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です