【Mac】QuickTime 7 Proを使って簡単動画編集 前編 “119Macと勝手にコラボ”

---広告---
Macimg QuickTime7pro

昨年の11月に配信された、podcast119Mac_Newとの勝手にコラボ企画です。

【広告】
このQuickTimeを解説したこの回がとっても良かったので早く記事にしたかったのですが、Blogの引っ越しやら何やらで今頃になってしまいました。

podcastのこの番組を一度聴かれてから、この記事を読むとより一層理解できますよ。

  • 119Mac Vol.21前編『QuickTime Player活用術・ヒクテンタスナナ』
  • 119Mac Vol.21後編『QuickTime 7 Proで5分で出来る簡単動画編集!』
  • 119Macさんのブログ記事にも解説がありますが、補足説明という感じで進めたいと思います。

    私がこのソフトを使って一番よくやるのは、jazzのレコードを買って来た時にMacに取り込んで、CDに焼くいわゆる「板起こし」です。
    CDを買えば!? と思われる方も多いと思いますが、これまた音質が桁違いに良いんです。(>o<) 参考サイト:「板起こし」とは何ですか? LP(レコード?)とCDについての質問を拝見する… – Yahoo!知恵袋

    QuickTime7Pro導入編

    番組でも解説されていますが、現在MacにプリインストールされているQuickTimeはバージョン10です。

    こんなやつ
    QuickTimeX

    今回の主役は、こっちです。
    QuickTime7

    この主役なんですが、純正のAppleのソフトウエアなのにMac app Storeではダウンロードできません。

    ダウンロードはこちら
    DL:Apple – サポート – ダウンロード

    これは、初心者の方の混乱を避けるためでしょうか?
    とても優秀なアプリケーションなので、日陰扱いなのが可哀相な気もします。

    しかし、インストールしただけでは編集できるようにはなりません。

    Pro仕様にアップグレードする必要があります。

    QuickTimeユーザー登録 QuickTimepro 購入

    購入手続きが終わるとAppleからProfessionalキーが送られてくるので、登録コード欄へ入力して画面を閉じるとProになってます。

    QuickTimeproへのアップグレード

    Proへのアップグレードが、3,400円とちょっと高いと思われるかもしれませんが、これだけシンプルで多機能なアプリケーションも珍しいので損は無いと思いますよ。

    基本名称など

    QuickTime7のウィンドウ

    覚える単語は2つだけ

  • イン/アウト選択マーカー(下の△)
  • 再生ヘッド(上の▼)
  • インアウトマーカー再生ヘッド

    それぞれのスライダーを動かして編集していきます。

    イン/アウト選択マーカーの間に挟まれた部分が選択範囲です。

    覚えるメニューは4つだけ

  • ムービーに追加
  • 選択範囲に追加して調整
  • 選択範囲にトリム
  • ムービーのプロパティを表示
  • 編集メニュー

    ムービーのプロパティを表示

  • 【Mac】QuickTime 7 Proを使って簡単動画編集 後編 “119Macと勝手にコラボ”
  • iMovie
    カテゴリ: ビデオ, 写真

     

    Final Cut Pro
    カテゴリ: ビデオ, 写真
    【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です