【Mac】なぜMacを使っていると楽しいのか、ようやく解ったような気がする

---広告---

Robi 画像は週刊 ロビ| デアゴスティーニ・ジャパンから借用

今朝、テレビでを見ていると、ディアゴスティーニのRobi (ロビ)というロボット型のオモチャが人気だという。

確かに動きを見ていると、とっても愛らしくて可愛らしい。
ペットと行っても良いだろう。

 

【広告】

YouTubeに動画があったのでどうぞ。

いかんいかん、思わず文章を書くのを忘れて魅入ってしまった。(笑)

このロボット型のオモチャを開発したのは、PanasonicのEVOLTA(エボルタ)を初め、数々のロボットをデザインしている高橋智隆氏。

彼の話では、より人間の動作に近づけるために、無駄な動き、つまりなんの役にも立たない動きを入れているとか。
例えばロープを昇る時に首を振るなど。

人間の動作は、無駄な動きが多く、そういう動きをRobiの動きに取り入れることによって、親しみやすくカワイイ動きを再現しているらしい。

そういう無駄な動きを見ると人間は、親しみを感じるのだ。

そこで、気が付いた。

あら嫌だ、それってMacと同じじゃないの?← なぜにおねぇ言葉w

そう、Macにも無駄なものがいっぱいある。

素直にポップアップや警告のダイアログを出せば事足りる、アイコンジャンプ
jumpして警告するicon

無駄にメモリを喰う透けてるツールバー
Sukerutu rubar

最たる物は、ジェニファーエフェクト。
Jennifer effect
※シフトキー押しながらこれすると、スローモーションになります。

そして、初めて見る誰もが「おぉ!」とビックリする「ファストユーザースイッチ

ファストユーザースイッチ

他にもいろいろあると思いますが、こういう一見無駄だけど人間をリラックスさせ、楽しい気分にさせるギミックこそが、Appleの言うユーザー体験の1つなのかもしれませんね。

それにしても、Robi。
全70号発行予定で、毎月揃えて完成するのは2014年7月らしい。
総額約15万円。

みんな頑張るな〜

うちは、りゅう太でいいや。
時々噛みつくけどw

りゅう太
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です