【iPad】iPadを使ってセールスを撃退?した話

---広告---
iPadの使い方

やっと花粉症の災禍から解放されて嬉しいMetal(@Metal_mac)です。
今回はアプリや使い方の話じゃなく、ましてやiPadでセールスマンを殴った話でもありませんw
こりゃぁiPadなど、タブレット端末しかできない使い方だなって思った出来事。

ちょっと長い話になりますが、お付き合い願います。

【広告】

突然のiMessage

昨日外出していると嫁さんからiPhoneへiMessageが届きました。

「”エコキュート“っていう給湯装置に変えないかっていうセールスの人が来て、夜またご主人のいる時に来るっていうんだけど、うちの給湯器そろそろ替え時だし、話を聞いてもらえないかな〜」

帰宅してから、嫁さんに話を聞くと、今この辺で”エコキュート”という給湯装置の工事をしているという業者が来て、エコキュートにすると深夜電力を使うので、光熱費などを安くできると言われたらしい。

今、自宅の給湯システムはプロパンガス。
建てる時に温水式の床暖房が欲しくて、ちょっと贅沢しました。
しかし、効果抜群、冬場、余程冷え込む時以外は、床暖房だけで過ごせます。

部屋が満遍なく暖まるので心地いいんです。
愛犬りゅう太も、カーペットの下に潜り込むほどのお気に入り(笑)

ryuta_moguru

嫁さんが近所の奥さんから聞いた話だと、給湯器が故障すると付け替えに約40万円かかるとか。
急な出費も困るが、故障時の工事を頼むとしても約10日間、お湯が出なくなると聞いて不安げな様子。

まぁ、建ててから今年で12年目なので、そろそろ寿命が来る頃。
私もそんなに高くなければ、話に乗っても良いかなって、ちょっと思ったんです。

参考:エコキュート – Wikipedia

やってきたセールスマン

th_20140324162333-235S

そんな話をしていると、「ぴんぽ〜ん」とセールスマン。
作業服を着てやって来た。

詳細な話は長くなるので端折りますが、現在のプロパンガス中心のエネルギープランを電灯契約を従量電灯から深夜電力を使用すると安くなるEライフプランに変え、深夜の間に湯を沸かしてタンクへ貯蔵する”エコキュート”を導入して、ランニングコストを抑えようという作戦らしい。

「エコキュートの装置は、ガスに比べて長持ちし、15年から20年は使えます」
「初期費用はかかるが、今切り替えれば、安くなる電気代で早々に元は取れる」とのこと。
また、メンテナンスは毎年やるが、10年間無料。

こんな、いい話を聞きながら、私は何をしていたかというと、iPad(第3世代)で今まで不勉強で知らなかった”エコキュート”や”Eライフプラン”のことをGoogle先生に訊きながらお勉強。

もちろん、対面して話している相手からは見えません。

セールスマンは、「工事担当者が近くにいるはずなので、無料で見積もりを取らして欲しい」と言ってきた。
大体いくらぐらいになるのか、ちょっと興味があったので、やってもらうことに。

th_a1180_009186

工事担当者が来る間も、セールスマンに会社のことやら家族構成やら話を向けて、リラックスしてもらうように務めました。
私が興味を持って質問するので、気持ちよく話してくれます。

こうやって、いろんな話をして情報を引き出しておいた方が、何かと役立ちます。

おっつけ、工事担当者が来て設置する装置の場所や、設置する装置のタイプ、必要な工事内容から総費用を見積もります。

提示された金額は、総額で約130万円
工事担当者の試算だと、約10年すれば元は取れ、11年目以降は、年間10数万円はお得になるとのことでした。

iPadだからできること

セールスマン側が、いろいろ見積もりしている間、私がやっていたのは、あちらが提示した設置機器と同タイプの”エコキュート”装置の相場を検索すること。

乗用車などと違って、普段馴染みの無いこういう装置の相場はよく解らない。
だから、相手が示す金額が妥当な物かどうかの判断が付きません。

業者の見積もりでは、装置の値段がカタログに載っている値段の約85万円から10パーセント引きの約77万円。
ネット検索したところ、高いところでも実売価格は約60万円。
我が家は、床暖房なのでその費用も検索すると、床暖房ごとリフォームしても100万もかからない。

セールスマンの話では、この装置は15年から20年持つと言っていたが、それはタンクの年数で、ヒートポンプ、つまり熱源を発生させる装置は、やはり10年くらいが寿命らしい。

そんなことを相手と話をしながら調べていました。
これは、パーソナルコンピュータでもiPhoneのようなスマートフォンでもできない事だと思うんです。

パーソナルコンピュータは、据え置いてキーボードを打つため、画面やキーボードの前から離れることはできません。
iPadは、片手に持ちながら移動したり、何気に隙を見て検索できます。

th_ipad-sarch

iPhoneだとどうでしょうか?
よくあるカップルのトラブルが、男性がiPhoneや携帯電話の操作に夢中になり、彼女と会話が成立せず、彼女が怒り出すというトラブル。

iPadだと、相手とほぼ同じ目線まで持ち上げても不自然じゃなく、会議で相手の話を聞きながら手元の資料を見るように、自然に会話が成り立ちます。
私の老眼のせいもあるのでしょうが、iPhoneの時のように話さなくてもフォントが読めますw

改めてiPadしかできない技だと実感。

理論の破綻

話を元に戻しますと、
Google先生に訊ねると検討すべき事項がいろいろあるので、「後日連絡します。」
と答えを保留しようとすると。

「これは50件まとめて工事するから安くなるんです。明日申請する予定なので、今決めて貰わないと契約できませんよ」
即決を迫るこの台詞、こちらに他の業者から見積もりを取らせないための常套手段です。

それに、最初に来たセールスマンが気持ちよく話していた内容とちょっと違う。

最初のセールスマンの話
「旦那さんの会社、お休みはカレンダー通りですか?私たちの仕事は休みが少なくて、日曜日はこうやって仕事。いや〜 旦那さん運がいいですね、今日お家にいらっしゃらなかったら、こんなお話しできなかった。うちの会社明日が休みなんですよ」

明日休みなのに、50軒分も申請手続きするの?
ちょっと納得がいきません。

もう1つアレ?っと思ったことが。
最初のセールスマンが嫁さんに言っていた時の会話の内容が、やたらと不安を煽るんですよ。
「突然お湯が出なくなって、突然修理を依頼しても、工事申請などを入れると、10日間もかかるんです。お湯も出ずに、お風呂に入れなくなったら困りますよね。修理に40万円もかけて結局特にならない元のままの状態が続くんですよ」

th_calc-dentak

すると、10日間の不便を解消するために130万円ですか?
家族4人で銭湯へ行っても、1日13万円しないんですけど…(´Д`;)
話をシンプルにすると、結局そういうこと。

当然、丁重にお断りしました。

業者の話に大きく頷き、乗り気だった嫁さんはちょっと不機嫌でしたが。(^_^;

まとめ

なにも、訪問業者を悪徳業者だと言う気も無いし、機器をカタログ以上の値段で売りつけようとしたわけでも無いので、まぁまぁ普通の業者さんだと思うんですよ。
頼んだら、案外良い仕事をするかもしれない。

今回は”エコキュート“の事も教えてもらえたし、考える良い切っ掛けになったので、感謝してます。

だけど、2時間前に初めて会った人に、即決で130万円は払えません。
それも、10年ローンを組んでまで。

嫁さんの不安も解るし、そろそろ替え時だというのも解ります。
だから、近くの業者さん数社から見積もりを取ってみようと思いました。

それにしても、嫁さんは人をすぐに信じちゃうので、たまにこういう話を持ってきます。
最初は車庫の設営(この時はローン組んで私のお小遣いが減額)、去年は屋根の葺き替え(最初は修繕だけだったのに、話を聞くうちに屋根を総替えする話しに発展、当然却下)。

次はどんな話を持ってくるやら…
ある意味ちょっと楽しみ (^^ゞ

良きiPadLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

iPadの記事

  • 【iPhone/iPad】タッチパネルの感度と保護、フィルムとコーティングについて考えてみた
  • 【IT】花粉症とドライアイとRetinaディスプレイ
  • 【IT】こんなにあるのか!?ネットを使った動画配信サービスがいっぱい
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    2 件のコメント

  • お久しぶりの軍曹であります。Metal殿元気でありましたかな??我輩電気関係にはうるさいであります!!
    しかし今回は購入しなくて良かったのであります。エコキュート自体は性能も良くオール電化、特に太陽光との相性はいいのであります。しかしながら住宅を建てる際、どのエネルギーを使うかによって使用機器を選定しなければいけません。訪問販売のスキームは大量に契約を取って後は工事業者に丸投げ!!責任はすべて工事業者なんて当たり前の世界です。10年間のメンテナンス等々ーーーー怪しいでありますな!!実際にはヒートポンプ(室外機)は10年前後の寿命、交換費用でざっと50万くらいでしょうか?
    Metal殿がiPadで検索しながら断る!!!最高の手段であります
    電気は専門家(信頼できる人)を見つけるのが一番で、究極は自分自身が専門家になることです。
    今後はエネルギーの方向性が定まっていないので、訪販が虎視眈々と狙っています(特に蓄電池とか)
    以上 ちょっとだけ専門家の軍曹でした。

    • 軍曹!お久しぶりです!
      いや〜 何年ぶりでしょうか?
      とっても懐かしく、コメントをいただけてとっても嬉しいです。(T^T)

      私も10年のメンテナンスって、ホントかな〜って思ってました。

      >住宅を建てる際、どのエネルギーを使うかによって使用機器を選定しなければいけません。
      そうなんですよね。
      近くに大きい発電所があるので、よくオール電化のセールスマンが回ってきます。
      しかし、エネルギーはガス中心の家にしてますから、今から全て変えてしまうのはとっても効率が悪いので、今までは、全部断ってきたんですけどね。

      >ヒートポンプ(室外機)は10年前後の寿命、交換費用でざっと50万くらいでしょうか?
      そうそう、これだと今のガス湯給湯器を新しく付け替えた方が安く済みますよね。
      結局の所、寿命は同じだし。

      軍曹のおかげで、判断が間違って無かったことがわかりました!
      ありがとうございました。
      またよろしければコメントをお待ちしております!
      (^_^)ゞ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です