Macのアンインストールとインストールは超簡単!

---広告---

Macにベタ惚れのMetal(@Metal_mac)です。
私が惚れてるMacOSの特徴の1つに、アプリケーションのインストールとアンインストールの簡単さがあります。

Windowsのそれに比べて断然扱いやすいです。

 

【広告】

インストール

最近はMac App Storeでダウンロードすると直接アプリケーションフォルダへ入ってしまうようですね。

それ以外は、ダウンロードした「〇〇.dmg」ファイルや「〇〇.zip」ファイルを解凍して、ダウンロードしたファイルをダブルクリックで解凍した後、基本的にアプリケーションの本体をアプリケーションフォルダへドロップするだけです。

※Windowsのようにインストーラを使用するものもあります。

インストーラはドラッグ&ドロップ
設定ファイルなどは、初めて起動した時に自動的にユーザフォルダ直下の「ライブラリ>Application Support」フォルダに「〇〇.plist」という拡張子で作られます。

ライブラリフォルダ
※ツールバーから「移動」を選択してOptionキーを押すと出てきます。

 

アンインストール

アンインストールする際は、そのアプリケーション本体をゴミ箱へ捨てるだけです。
※専用のアンインストールアプリが付属する場合もあります。

しかし、設定ファイルなどが残ってしまうので、私は Appcleanerなどのアンインストール用アプリを使っています。
このアプリを使うとアンインストールしたいアプリケーションの関連ファイルを全て見つけてくれます。

Appcleaner

AppCleanerダウンロード先:FreeMacSoft

まとめ

WindowsからMacへ乗り換えられた方は、あんまり簡単すぎて戸惑うことがあるようなので、ご紹介しました。

実は、アプリケーション本体は、アプリケーションフォルダの中に無くても起動します。
ダウンロードファイルを解凍した状態のままでも起動しちゃうんです。

しかし、いろいろ不具合が出る可能性があるので、必ずアプリケーションフォルダへ入れてから使いましょう。

昔、某テレビアンテナのCMで”見えすぎちゃって困るの〜♪”というのがありましたが、

”簡単すぎて困るの〜 ♫”ってところでしょうか?(笑)

あったあった

良きMacライフを

Written by メタル(@Metal_mac

オススメ記事

【Mac】超簡単!iPhotoで画像をざっくりと整理する方法

2013.03.15

【Mac Tips】Macの連絡先.appから直接SkypeやFaceTimeへかける方法

2013.03.08

【Mac】ヘルプセンターはとても使える奴だった

2013.02.11
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です