【Mac/IT】これでMacBookAir11inchを買わない理由が無くなった

---広告---

Doing some work in my NY hotel room
Doing some work in my NY hotel room Photo by Global X

参考:ラップトップ、今は買っちゃダメ : ギズモード・ジャパン

ギズモード・ジャパンにあったこの記事(↑)を読んでしまった今、もうこの夏はMacBookAir11inchの購入を我慢できそうにありません。

【広告】

Haswell(ハズウェル)

上記リンク先の記事によると、新しい “Haswell”というIntelの新しいCPUは飛躍的に性能アップしているそうです。

  • 省電力
  • 処理能力の向上
  • 能力2倍のGPU

特にバッテリーの省電力はすごいらしく、「1回の充電でラップトップが24時間稼働、スタンバイの状態ならば10日間」らしい。
参考:Intelの次モデルチップには期待大 1回の充電でラップトップ24時間稼働可 : ギズモード・ジャパン

Wikipediaによると「2013年6月4日に発表予定」とのことなので、AppleはHaswell搭載のMacBookAirを今年6月のWWDCで発売するでしょう。

参考:Haswellマイクロアーキテクチャ – Wikipedia

MacBookAir11inchの弱点

私は現在、外でブログを書いたりするときに持ち歩いているのは、Bluetoothで接続するキーボードとフルサイズのiPadです。
MacBookAir11inchを欲しいと思いつつも二の足を踏んでいたのは、iPadと比べてバッテリーの持ちが悪いことでした。

まぁ、MacBookAirがあれば便利なのは解っているのですが、文章を書くだけならiPadで取りあえず間に合います。

MacBookAir11inchのバッテリー駆動時間は、公称インターネットの閲覧だけに使ったとして約5時間、一方iPadは、インターネット閲覧は元より、ビデオ再生をしても約10時間の公称駆動時間です。
参考:Apple – ノートパソコン – MacBook Air – 技術仕様

主な作業がテキストを書くブログ作成の場合、バッテリーの持ちが良いiPadの方が断然有利。

今後のモバイル時代を考えたときに、バッテリーの性能が比較的に上がらないのであれば、省電力で消費を減らすしか在りません。
スティーブ・ジョブズ氏がFlashPlayerを駆逐したかった理由のひとつも、消費電力の多さで、実際に撤退してしまいました。
関連:米Adobe、モバイル版「Flash Player」の開発を中止、今後はHTML5に注力 -INTERNET Watch

まとめ

CPUとGPUの性能が大幅にアップして、消費電力が飛躍的に少なくなるとすれば、もう願ったり叶ったり。

今まで、バッテリーの持ちが不満で買わなかったのが、いきなりiPadを超える駆動時間を確保できるんですから、そりゃぁもうMacBookAirを買わない理由が無くなりました。

“いつ買うんですか”って訊かれたら、もう “今でしょう!”って答えるしかありません。

もう古いのか?(T^T)

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【Mac/レビュー】謹んで MacBookAir11インチ2013の開封の議 を執り行いまする
  • 【Mac】MacBookAir11inch 2013をポチるに至った とあるブロガーの苦悩と言い訳
  • 【Mac】私のMacBookAir スタイル
  • 【Mac】なぜMacを使っていると楽しいのか、ようやく解ったような気がする
  • 【Macアプリ】iOSアプリ そら案内が破格の安さでMacに参上
  • 【Mac】Macのヘルプセンターはとても使える奴だった
  • 【追記】やっぱり買っちゃいました。

    【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です