【レビュー】フィルムって言うより板って感じの薄型iPhone5用保護フィルム -Impossible Tempered Glass for iPhone 5-

---広告---
iPhone用フィルム

何だか良い季候で嬉しいMetal(@Metal_mac)です。

嫁さんがiPhone5に変えた時、軽く「iPhone用フィルムの良いのがあったら買ってやるよ」って言ったものの何にしようか迷ってました。

以前、この記事で紹介したコーティング剤も勧めたんですが、嫁さんは落としたりして割れるのが怖いからって、耐衝撃用のフィルムを探してたんです。

そんな時、友人のブログを読んで購入してみました。

  • Retro@Diary【iPhone】強化ガラス製のiPhone用保護フィルムを使ってみた。
  • 【広告】

    0.26mmの超薄型強化ガラス製液晶保護フィルム

    Colorant USG ITG Slimの中身

    中身はこんな感じ。

    本体の保護フィルムですが、結構分厚くて薄っぺらいフィルムというより透明な板です。

    こんなので、タッチパネルが反応するのかな〜?ってちょっと心配していたのですが、表面はツルツルで生の状態よりも気持ちいいかも。

    反応も良いです。
    保護フィルム

    気になる気泡

    私は不器用な男wなので、こういうフィルムを貼るのは結構不得意。
    なので、いつも店頭で買うと貼ってもらっているんですが、ペラペラのフィルムより硬いので、位置が決まりやすくて貼りやすかったです。
    とは言え、1回目はズレてしまったので、張り直したんですけどね。(^^ゞ

    最初に貼った方から押し出す感じで、密着させていくと大きな気泡もできませんでした。

    まとめ

    iPhoneが売られるようになってから、こういうフィルム技術ってとっても進化したような気がします。

    ここでも、Appleがテクノロジーを革新したのでしょうか?

    関連:【iPhone/iPad】タッチパネルの感度と保護、フィルムとコーティングについて考えてみた

    【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です