【レビュー】こいつがあれば、いつでも何処でもプレゼンできる!? 超小型プロジェクター サンワサプライ400-PRJ014

---広告---

前々から、不便を感じていました。
月一でやっている伊勢志摩Appleユーザー会。

最初のネタ振りは、私が用意したサイトなどをみんなで見ながらワイワイやります。
問題は、その見せ方。

これまでは、私が以前使っていた安物の24inchディスプレイにMacを繫いで、みんなで見てました。
しかし、このディスプレイが重くて大きくて、持ちがこびが大変なんですよね。

そこでこれ買いました。

【広告】

サンワサプライ400-PRJ014

ジャン。

小型プロジェクター

サンワサプライから発売している、Macなどの画面をミラーリングできる小型のプロジェクターです。

大きさは、ご覧の通りモバイルバッテリーをちょっと大きくしたくらい。
バッテリーの容量は、3,800mAhで実際にiPhoneを2回程度充電できるモバイルバッテリーとしても使えます。

同梱物

同梱物

全部でこれだけ。

  • 本体
  • HDMIコード
  • 電源コード
  • スタンド
  • 本体を入れる巾着袋
  • 最初からHDMIのコードも付いるのはありがたいです。

    投影した様子

    私のMacbookProRetinaディスプレーに電源を入れて繫いだところ、何の設定もせずにすぐ投影できました。

    投影の様子

    自宅の壁に映したので凸凹していてアレですが、背面が白くて綺麗な布や紙ならもっと綺麗に映ります。

    動画

    左サイドにピントを合わせるつまみが付いています。

    端子類

    端子類
    背面右から電源、HDMI端子、USB端子、オーディオ出力端子が並びます。

    本体にもスピーカーが付いているので、取りあえず出力できますがMacbookProのスピーカーの方が良い音なので、実際はこっちかな。
    (本体のスピーカーを使用する際は、Mac側で音声出力の設定変更が必要)

    よりよい音質を求めるなら、外付けスピーカーも使えます。

    あまり気になりませんが、小さいながらもプロジェクターなのでシャーっという、独特のファンの音がします。

    操作

    操作

    操作する所はありませんが、本体上部を触るとでてくる光の輪をクルクル回してがボリューム調節、真ん中を触ると、「文字が綺麗に映るプレゼンテーションモード」と「画像やムービーが綺麗に映るスタンダードモード」を切り替えることができます。

    使用感

    持ち運びも便利、明るいところでもそれなりに見えます。
    光量も十分で、周りが暗ければ3メートルくらい離れても綺麗に画像が見えます。

    付属のスタンドを使うと真上にも投影できるので、天井にムービーを映してみました。
    天井にムービーを写す

    寝ながら映画も観ることが出来ますw

    まとめ

    400-PRJ014W

    投影できる壁かスクリーンさえあれば、10名程度のプレゼンテーションや上映にはもってこいかも。
    本格的な家庭用のプロジェクターには劣りますが、手軽に綺麗な画質でムービーなどを観ることが出来ます。

    もちろん、iPhone、iPad用のHDMI変換ケーブルを使えば、そのままiPhone・iPadの画面を投影できます。

    これで、今週末の第25回伊勢志摩Appleユーザー会頑張ります。^_^

    Written by Metal(@Metal_mac

    【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です