AirMac ExtremeへHDDを接続して快適なファイル共有環境を作る方法

---広告---

a0001_012465.jpg

私は、自宅のWi-Fiルータとして、Apple純正のAirMac Extremeを使っています。

このAirMac Extremeに、ハードディスクドライブ(以下、HDD)などの外部記憶媒体をUSBポートに接続すれば、同じWi-Fi環境下でそのHDDを他のMacなどと共有することができます。

HDDが内蔵されている姉妹製品のAirMac Time Capsuleでも同じことができるのですが、AirMac Extremeの方が接続するHDDなどの種類や容量をお好みで選べるので、私はこちらを使っています。

設定はすごく簡単です。

【広告】

AirMacに接続するHDDなど外部ストレージの用意

私は2テラバイトのハードディスクドライブを接続していますが、最近大容量になったUSBメモリでもいいでしょう。

私は、予め直接Macに接続して、ディスクユーティリティ.appで、パーティションを3つに切っていますが、この辺はお好みで。

2TBのHDD

128GBのUSBメモリ

AirMac ユーティリティで設定

AirMac ユーティリティ.app を起動して『編集』をクリックします。

AirMac編集

『ディスク』タブをクリック
08:31:2013_101406.jpg

ディスクを確認して『ファイル共有を使用』にチェック
08:31:2013_101733.jpg

これで設定は終わりです。

共有できているディスクは、こんなアイコンになります。

Kyoyudiskiicon

なお、デスクトップへ表示されない方は、Finder>環境設定で『接続中のサーバ』にチェックを入れてください。

finder_kankyo_setei_saba.jpg

私の使い方

私は、このAirMac Extremeに接続したハードディスクドライブにTimeMachine用のパーティションを切って、メインで使っているMacbookRetinaディスプレイの2つ目のバックアップ先として、またMacbook Air11inchのTimeMachine用として使っています。

08_31_2013_171455.jpg

『どこでもMy Mac』を設定すれば、インターネット越しにファイル共有もできますよ。
関連:【MacTips】サブとしてのMacBook Air『どこでもMy Mac』でインターネット越しにファイルやライブラリを共有

またWi-Fi環境下にある、複数のMacやPCから接続出来るので、家族でファイル共有するのにも良いですね。

では、良きMacLifeを

Apple公式サイトで観る→AirMac ExtremeAirMac Time CapsuleAirMac Express

Written by Metal(@Metal_mac

 

 

 

関連記事

  • 【Apple】AirMac Expressで解ったAppleのこと-簡単に無線LANを設定できた話-
  • 【Apple】WWDC2013を振り返ると良い夢が見れそう
  • 【Mac】インターネット越しに自宅のMacへ繋ぐ『どこでもMyMac』の設定方法
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です