【Mac】サブでMacBookAirを使うなら、『どこでもMy Mac』の画面共有機能を使うべし

---広告---

どこでもMyMac

以前書いた、「どこでもMyMac」の記事が好評なので、続編です。

ネット越しにMacを共有する『どこでもMyMac』の設定方法

2012.12.25

今回は、Mac版「リモートデスクトップ接続」ともいえる機能、Macからインターネット越しに他のMacの画面をコントロールする事ができる “画面共有機能” の解説です。

この設定をしておくと、家になる母艦機(iMacなど)にいつでも外出先からアクセスして、母艦機のローカルにおいてあるファイルを移したり、アプリケーションを起動して母艦機を操作することができます。

【広告】

設定

では、設定方法を見ていきましょう。

 

共有されるMac

▼上記リンク先の「どこでもMy Mac」の設定を済ませて、共有される側の「画面共有」をチェック。
「画面共有」をチェック

 

▼「アクセス許可」の欄に共有させたい相手を追加。
相手を追加

 

コンピュータ設定>ほかのユーザが画面操作の…にチェック。
ほかのユーザが画面操作の...

 

共有するMac

開始するには、サイドバーから、お目当てのMacをクリックして、「画面共有」をクリック
「画面共有」をクリック

 

【参考】サイドバーにMacが現れない場合は、Finderの環境設定から以下をチェック
03 gamen finder settei
【参考終わり】

▼パスワードを訊かれますので、登録ユーザー、またはメンバーとして登録した者のAppleIDでログインしてください。
04 gamen toruyuuser

認証されると、画面共有が始まります。

 

共有すると便利なこと

この共有設定をした場合、主に2種類の使い道が考えられます。

 

自分のために使う

例えば、外出先から自宅のMacへアクセスして、ドラッグ&ドロップでファイルを持ってきたり、自宅のMacにしか無いアプリケーションを起動できます。

画面共有

その名の通り、 “どこでもMy Mac“です。

フルスクリーンモードにも対応していますので、画面の小さいMacBookAirからでも快適!

 

人のために使う

遠隔地にいる初心者の方のMacをサポートしたり、メンテナンスしたりできます。

SkypeやFaceTimeなどで、画面共有して遠隔操作、なんて芸当ができますよ。

 

最後に

Windowsに詳しい方だと解ると思いますが、これはMac版「リモートデスクトップ接続」です。

しかし、Windowsの設定より、Macの方が解りやすいと感じるのは私だけでしょうか。

メインのMacとノート型Macを連携させるには、必修の設定だと思います。
是非、活用してください。

こちらの記事もどうぞ

【MacTips】サブとしてのMacBook Air『どこでもMy Mac』でインターネット越しにファイルやライブラリを共有

2013.08.16

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

ネット越しにMacを共有する『どこでもMyMac』の設定方法

2012.12.25

Mac・iPhone・iPadで家族や友達と簡単に写真やビデオを共有する方法

2013.03.28

【iCloud】MacとiPhone・iPadを連携させるiCloudの使い方

2013.06.03
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です