Macの緊急ディスクをUSBメモリに作成する方法

---広告---

復旧ディスク
Mac OSのライオンから採用された復元機能というのをご存知ですよね。

ディスクが何らかの理由で壊れたときに、「command + R」を押しながら再起動すると緊急用の起動ディスクが立ち上がります。

このディスクからは、ディスクユーティリティーが使えたり、タイムマシンからのバックアップを復元できたりするんですが、システムの再インストール機能だけは、インターネット環境が必要です。

そこで、この方法でUSBメモリへ緊急用ディスクを作成しようとしたんですが、私のMacBookAir2013では、バージョンの違いからか、現状ではMac App StoreからMountain Lionをダウンロードできませんでした。
参考:緊急時に使うMountain Lionインストール用のUSBメモリーを作る方法|Mac

MountainLionのディスクダウンロードできず

そこで、現状のシステムを丸ごとイメージ化して、バックアップを取っておくことにしました。

こちらの方が、元の環境に戻るのがとても早く、なんと言ってもインターネット環境が無い状況でも使えますから、外へ持ち出すことが多いMacBookAirにも、いつでもどこでもメンテナンスできて最適だと思います。

【広告】

復旧ディスクの作成

Appleのサポートページから、復旧ディスクアシスタント.appをダウンロードします。
ダウンロードページ:OS X 復元ディスクアシスタント

復旧ディスクアシスタント

USBメモリの準備

用意するUSBメモリの容量は、MacBookAirがバックアップできるだけの容量の物を用意してください。

※USBメモリに入りきらない時は、一旦データを容量の大きいHDDなどに退避させ、その後、最低限のシステムだけをバックアップしてください。

この復旧ディスクは1つのパーティションすべて使ってしまうので、USBメモリをディスクユーティリティを使って、2つのパーティションに分けた方が効率的です。

復旧ディスク自体の容量は約1ギガなのでインストールするパーティションは、1.5ギガもあれば十分だと思います。(この辺りは適当)

パーディションを切る

インストール

後は、先ほどダウンロードした復旧ディスクアシスタントを起動して、USBのパーティションへインストールします。

復旧ディスクのインストール インストール中 RecoveryDisc

これで完成です。

バックアップ

作成した復旧ディスクが入ったUSBメモリを差し、optionキーを押したまま起動してください。
※Bluetoothなど、無線接続のキーボードではこの操作はできません。

ディスクを選択する画面が出たら「復旧」と書いてあるディスクを選択します。

システムが起動したら、ディスクユーティリティ.appを立ち上げて、バックアップを取りたいディスクを選択し、「新規イメージ」をクリック。

バックアップイメージファイルの作成

プルダウンメニューから、保存先のUSBパーティションを選んでバックアップイメージを作成します。

イメージフォーマットは「圧縮」をお勧め。

半分とはいかないまでも、それに近いくらいの容量でイメージ化してくれます。

私の環境では、約35GBあった容量を、約19GBまで圧縮してくれました。

E backup file image2

復元作業

今度は、イメージ化したバックアップファイルを元に戻す方法です。

ディスクユーティリティーを起動して、左から復元したいイメージファイルを選択、次に復元タブをクリックします。

復元するソースの選択

左から、復元先のディスクをドラッグ&ドロップします。

復元先の選択

注意事項等

1、復旧ディスクは、必ず使用するMacで作成してください。

細かいバージョンの違いで使用できない時があります。

私の場合は、MacbookPro RetinaとMacBookAir2013は、どちらも同じOS10.8.4ですが、MacbookPro Retinaで作成した復旧ディスクは、MacBookAir2013では使用できませんでした。
(その逆は可)

2、バックアップ前に必ず、ディスクユーティリティのFirstAidで アクセス権やディスクを検証して問題ないことを確認してください。

できれば、システムをインストールしなおして、必要最低限のアプリケーションを入れた状態でバックアップする方がいいでしょう。

3、わざわざ、復旧ディスクをUSBに作成しなくても、Mac本体の復旧ディスクのディスクユーティリティを使えばいいじゃないか、と気付かれた方もいると思いますが、その通りです。

ただ、今回はいろいろ応用も利きそうだし、外部ディスクにあった方が何かと便利だろうと思って作成しました。

まとめ

USBメモリも最近は、128ギガバイトの物が1万円以下で売られています。

私は、当初、MacBookAirのシステムをUSBメモリの中へ入れることまで考えていなかったので、32ギガバイトの物を購入しましたが、ちょっと後悔しています。

今までバックアップ用のディスクは、HDDが主流だったのですが、MacBookAirなどモバイル機だとUSBメモリの方が持ち運びにも便利ですよね。

USB3.0だったら、そのままシステムを入れても内部ディスクと同じ速さで動作しますよ。

実際に私のMacBookAir2013で、バックアップイメージの作成と復元をやってみましたが、DropBoxとSugarSyncをログインし直しただけで、あとは何事も無かったように動作しています。

では、良きMacLifeを。

【追記】
Macのセキュリティソフトなどを販売しているindigoからこんなMac用アプリも出てます。

Intego Backup Express
App 価格: ¥700
カテゴリ: ユーティリティ

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【Mac】貴方のMacは大丈夫?ずぼらな私がやっているMacの簡単メンテナンス方法
  • 【Mac】私のMacBookAir スタイル
  • 【Mac】Macがちょっと美人になる?設定3つ(fnキー、タイトルバー、アイコン表示の変更)
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です