【iPhone】docomoがiPhoneを扱うと、誰がいちばん得をするのか考えた

---広告---

OMG docomo microSIM card :D
OMG docomo microSIM card :D Photo by kalleboo


2013年9月の記事です
はてさて、やっとと言おうか、とうとうと言おうか、今更と言おうか、docomo からiPhoneが出ることになった。(ほぼ断定的な推定)

この遅れてきた春に、誰が1番得をするのか? 考えてみた。

【広告】

docomoユーザ

間違いなく恩恵を得るだろう。
今まで、ガラケーかAndroidの選択肢しかなかったのだから。

iPhoneがAndroidより優れているかどうかは別にして、単純に選択肢が広がったのは現docomoユーザにとって良いことだと思う。

それにdocomoユーザは、携帯電話創世記からのユーザが多く、裾野が広い。

私のように機械に疎く、Android端末に馴染めなかった人も、解りやすいiOSなら馴染めるだろう。

iPhoneユーザ

今iPhoneを使ってる人は、 iPhoneを使いたいのであって、所属するキャリアに特に愛着があるとは思えない。

私は面倒なのでやらないが、乗換え割引のためにMNPで新しいiPhoneが発売される毎にキャリアを乗り換える人もいる。

そういう意味では乗り換え割引先が増えるので、ある程度の恩恵を得ることができるだろう。

人それぞれ様々な要求があると思うが、私が携帯キャリアに求めるのは、

  • 通信回線の速さ
  • 混雑しない回線の太さ
  • 安価な料金プラン

であって、キャリア独自のドラマ番組や音楽サービス、お財布携帯ではない。

携帯キャリア

確かにiPhoneを使いたいユーザがdocomoから流出するのは止まるだろうが、それ以上でもそれ以下でもない。

docomoユーザでガラケーやAndroid端末を使っていた人達が、iPhoneにシフトするかもしれないが、前述のとおり既存のiPhoneユーザは、よほどdocomoが他のキャリアより有利なプランを提示しないかぎり、簡単には乗り換えてくれないだろうし、すでにdocomoユーザでiPhoneを使いたい人たちは、既にSIMフリーのiPhoneを手に入れ、SIMを切ってまでして使っている。

SoftBankやauは、docomoと比較してiPhoneを取り扱うキャリアであるという優位性が無くなるだけで、docomoからの流入は減るが、特に落ち込むこともないと思う。

これでやっと大手3社が同じスタートラインからの勝負となったわけで、面白いレースが始まるのを期待するとしよう。

1番利益を得る者

docomoはなんのかんの言っても、未だに日本最大の携帯電話会社に違いない。

という事は、それだけ多数のユーザーがiPhoneに乗り換える可能性があるということだ。

たとえ3分の1でもiPhoneに乗り換えたならば、

それだけの数のiPhone初心者が増える。

iPhoneの情報を得ようとする者が増える。

iPhoneの情報を扱うサイトが賑わう。

という図式だ。

さて私は、明日からiPhoneのTipsやiPhoneケースなど、iPhone関連記事をせっせと書くことにしよう。(笑)

良きAppleLifeを

【追記】
FOMA+Xiの回線契約数を調べたら、8月現在 約6,183万回線。
回線数なので、1人で何回線も持っている場合もあるが、それにしても恐ろしい数のiPhoneユーザが増えることになる。
参考:契約数月次データ : 携帯電話等契約数 | 企業情報 | NTTドコモ

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【iPhone】次期iPhone発売間近!?噂からタイムスケジュールをまとめてみた
  • 【iPhone】シロクマが「ドコモからiPhoneは出るのか?」の疑問にお答えします
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です