【iPhone】17歳の娘がこの夏にiPhoneを使いこなして私を超えた話

---広告---


Photo by ai


夏休みも終わりかけたある日、高校2年生の娘がリビングで、Instagramのように加工した画像を印刷した絵はがきを何枚かまとめて、丁寧に封筒へ詰めている。

何をしているのかと聞くと、娘は自分で撮った写真を友人にプレゼントするのだと言う。

「結構うまいな」と言うと娘はちょっと得意げ。

娘にその写真はどうやって加工したのか?と訊ねてビックリ。

それは私には、到底思いつくことがない発想だったからだ。

【広告】

逆の手法

iPhoneで撮ったモノもあるが、私が貸したデジカメで撮った画像を彼女のWindowsPCからiPhoneへ取り込み、 iPhoneの画像処理アプリで加工した写真もあるという。

当然印刷は、 iPhoneから直接自宅のプリンタを使って、AirPrintで出力したとのこと。

私にはデジカメで撮った画像は、MacやPCで処理するという発想はあったが、デジカメで撮った画像をiPhoneで処理するという発想は全くなかった。

その発想が、私にとって、とっても斬新だった。

私は、いつの間にかiPhone<Mac(PC)と考えていたようだ。

しかし彼女はiPhoneネイティブ、パーソナルコンピュータより、iPhoneを使って加工する方が自然なのだろう。

考えてみれば、彼女のパーソナルコンピュータには画像処理ソフトなど入っておらず、こういう絵作りをしようと思ったら、iPhoneを使う以外に無い。

彼女にとって、iPhoneは立派なパーソナルコンピュータなのだ。

Fotor 画像加工
App 価格: 無料
カテゴリ: 写真/ビデオ

※娘が使っているiPhoneアプリ

写真の腕前

さて、彼女が撮った写真だが、悔しいが私よりうまい。

多分、彼女は絵が好きで、小・中学校の時、イラストなどを真剣に書いていたためだろう、色彩の使い方が上手い。

写真をイラスト風に
昔聞いた言葉にこういうのがある、

  • 他人の作品を見て自分の方が少し上手いと感じた場合、それは自分と同程度の作品
  • 他人の作品を見て自分と同程度だと感じた場合、それは自分より少し上手い作品
  • 他人の作品を見て自分よりうまいと感じた場合、それは自分より遥かに上手い作品

つまり、自分の欲目を割り引いて判断しろという戒めだが、それからいくと娘は私より相当上手いことになる。

そして、今回の場合は、親バカが多分に入っているから、私には相当上手く見える(笑)

せっかくなので、10枚ほどFlickrへアップしておいた。(爆)


Photo by ai

Flickrアルバム:17歳の夏

親の思い

はてさて、iPhoneの生みの親である、スティーブ・ジョブズ氏は、iPhoneのこういう使い方を想定していたのだろうか?

私は、スティーブ・ジョブズ氏が考えていた以上にiPhoneは人々に親しまれ、育まれ、確実に成長しているように思う。

あと1ヶ月もすると彼の命日(三回忌)がやってくるが、彼は天国から今のiPhoneの姿を嬉しく思っているに違いない。

そして、娘に写真の腕前で抜かれた私は、こうやって成長した娘を喜ぶと共に、もうすぐ完全に自分の手を離れて行ってしまうのかと思うと、少々淋しくもある。

親の手を離れたあとは、iPhoneと同じように世間の人々に愛され、育ててもらえるような人間になって欲しいと願うばかりだ。

良きAppleLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【iPhone】廉価版iPhoneもありかな?って思う時
  • 【iCloud】今日はiPhoneを探した日
  • 【iPhone】Appleに廉価版iPhoneが必要な理由(含む、我が家の事情)
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です