【iPhone】iPhoneにシャキーンと付けて衛星携帯電話にする202THがSoftBankから発売

---広告---

Fig main visualSoftBank202TH
記事中の画像は、それぞれのサイトから拝借

ソフトバンクがiPhone5に装着して、iPhoneを衛星携帯電話にしてしまう、202THを明日(9月10日)から発売するそうです。

衛星電話というのはご存知の通り、一般の携帯電話は地上にある基地局が電波を拾うのに対し、人工衛星が電波を拾って通信する電話。

この衛星電話の最大の特徴は、海の上でも山の奥でも、一般の携帯電話が圏外のどんな辺鄙(へんぴ)な場所からでも通話ができることです。

当然のことながら先の震災の時など、災害時に威力を発揮します。

【広告】

衛星携帯電話サービス

日本では、NTTdocomoのワイドスターIsatPhone PRO(アイサットフォン プロ、KDDIが取り扱うイリジウム(法人契約のみ)という衛星携帯電話サービスがあります。

通信範囲はdocomoの方が日本近海、IsatPhone PROやイリジウムは地球全体となっていますが、いずれも専用の回線契約が必要です。

そして、本体価格は、ワイドスターが約30万円、IsatPhone PROが約8万円、イリジウムは約23万円。

P kino 10イリジウム用端末

参考:ワイドスター | サービス・ソリューション | ドコモビジネスオンライン | NTTドコモ
参考:IsatPhone PRO(アイサットフォン プロ) | サービス・ソリューション | ドコモビジネスオンライン | NTTドコモ
参考:イリジウム衛星携帯電話 | イリジウムサービス | KDDI株式会社

SoftBankの202TH

一方、ソフトバンクの202THは専用アプリをダウンロードし、iPhoneに装着するだけで手軽にiPhoneが衛星携帯電話に変身します。

Fig feature 2 1

専用アプリ
SatSleeve
App 価格: 無料

こちらも別途、衛星電話回線の契約は必要で、通信量も大差ありませんが、普段使いできるiPhoneをそのまま衛星電話にできるのがメリット。
参考:ソフトバンク衛星電話 | サービス | ソフトバンクモバイル

普段使い慣れていない通信機器は何かと使いづらいモノです。

いつも使っているiPhoneに装着し、電話帳もそのまま使えるようなので、使い勝手も良いでしょう。

本体価格は、一括購入で8万1600円、新スーパーボーナスプランにすると、2年間で実質0円とのこと。

災害時に備えるといっても、維持費が高いとなかなか導入できません。
他者の衛星携帯電話より、だいぶ導入するハードルは低いのでは無いでしょうか。

参考:ソフトバンク、iPhone 5向けケース型衛星電話「202TH」 – ケータイ Watch

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【iPhone】docomoがiPhoneを扱うと、誰がいちばん得をするのか考えた
  • 【iPhone】もう多分発売される廉価版iPhoneを妄想してみた
  • 【iPhone】知ってると便利なiPhoneメッセージ技2つ、グループ受信時の相手先選択と連絡先の送信
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です