【iPhone】廉価版じゃ無かったiPhone5cと消えたiPhone5で解ったAppleのイノベーション

---広告---

Hoy en vivo lanzamiento del nuevo iPhone. Sigue el evento ingresando a http://go.compudemano.com/en-vivo #cadadiamejor #iphone5s #iphone5c #mavericks #apple #iphone #keynote
Hoy en vivo lanzamiento del nuevo iPhone. Sigue el evento ingresando a http://go.compudemano.com/en-vivo #cadadiamejor #iphone5s #iphone5c #mavericks #apple #iphone #keynote Photo by Compudemano


次のiPhoneを “s“するか”c“にするか、それが問題だ!
のMetal(@Metal_mac)です。

いよいよiPhone5cの予約が始まり、各キャリアが一斉にスタートを切ったという感じですね。

どうしてiPhone5cが廉価版じゃ無く、iPhone5がディスコンになったのか?
それを考えていたら、Appleのイノベーションが見えてきたので記事にしました。

【広告】

廉価版?

今年の初め頃廉価版iPhoneのうわさが出始め、そしてフィル・シラー氏がそれを否定すると言う報道があった。

参考:米Apple幹部「やみくもにシェア追求せず」、中国紙が記事差し替え | テクノロジーニュース | 特集 モバイル端末 | Reuters

私もその報道を元にこんな記事を書いている。
関連:【Apple】廉価版iPhoneの噂と私がApple製品を使う理由

この廉価版の噂が出た根拠は、Android端末のシェアが増えてきたので、それに対抗するためAppleが安価なiPhoneを販売し、シェアの巻き返しを図るというものだった。

しかし、蓋を開けてみると、結局そんなに安い端末ではなく、中国などでは、落胆の声が上がっているようだ。
参考:廉価版iPhone、中国で7万円「全然安くない」「期待はずれ」不満噴出+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

だが、フィル・シラー氏が否定しているように、Appleは一言もiPhone5cの事を廉価版だとは言っていない。

これはマスコミその他〔私を含め)が、勝手にそう思い込んで、勝手に「話が違う!」と落胆しているに過ぎないのだ。

それが証拠にAppleは、廉価版の価格帯にiPhone4sを残している。

材質とバリエーション

ポリカーボネート

今回のiPhone5cの材質、ポリカーボネートと聞いて、思い出すのはiBookだ。

My iBook(DualUSB)
My iBook(DualUSB) Photo by shingchang_heartland

私が始めて買ったノート型のMacが、iBookG3 12inch DualUSB だった。

キーボード周りなど中は少しマットな仕上がりだが、外側は透明感のある、とてもきれいなホワイトだった。

最近のiPhoneやMacは、アルミで作られているので、Appleの作るポリカーボネイトに触れた方が少ないかもしれないが、とても硬質で良い質感である。

それと同質な作りならば、iPhoneの材質としても申し分ない。

そして、ポリカーボネートの方がiPhone5より安価に大量生産ができるのだろう。

生産効率を上げることによってコストを下げ、質感も落とさずに個体数を増やせる。

Appleにとっては、一石二鳥のブラッシュアップだ。

カラーバリエーション

今回のiPhone5cを5色のカラーにし、ファッショナブルでおしゃれなものにしてきた。
これは初代iMacやiPod、そして現行のiPodTouchなどに見られる、最初は単色そしてカラーへと拡張するカラバリ展開と同じだ。

iPodにおけるiPodminiの時の進化に非常ににていると思う。

あの時も第3世代まで一種類だったiPodをクリックホイールを搭載したiPodとiPodminiを同時に出している。

iPod mini
iPod mini Photo by cyberbry

こう考えてみると、Appleは過去の経験を活かして、確実に売れるモデルを世に送り出したと言えるだろう。

イノベーション

ジョブズがいなくなって、Appleからイノベーションがなくなったと言う人もいるが、なんのなんの立派なイノベーションではなかろうか?

今までであれば旧機種をラインナップに残し、新しいiPhoneを発売する道を選んできた。

しかし今回、現行のiPhone5をディスコンしてiPhone5cに移行した。

今までとは全く違う道を選んだことになる。

その理由を私はこう推察する。

iPhone5SとiPhone5C
iPhone5SとiPhone5C Photo by mu_ne3

Appleとしては、iPhoneを最新のテクノロジーを取り入れつつ進化させたい。

しかし高みを追求していけば、当然コストがかさみ高価になる。

従来通り、iPhone5を残してiPhone5sを生産するには、iPhone5のコストが見合わないのだろう。

だが、iPhone4sを残すとしても、iPhone5のクラスの機種は残したい。

そこで、生産効率の良いiPhone5cを開発した。

上に伸びる “iPhone5s“に対して、横に広がる “iPhone5c” というわけだ。

iPhone5sを『iPhone5 for Special』、iPhone5cを『iPhone5 for Consumer』と訳してもいいのかもしれない。

まとめ

さて、そういう現状を踏まえた上で、私のiPhoneをどうするかだがw、昨年はiPhone5に乗り換えず、真面目に2年縛りがかかっている4sを使ってきた。

当然、更新を考えているが、指紋認証装置やらスローモーション機能やらを見てしまうとやはり、iPhone5sが欲しい。

なので、私はこのiPhone5sを手に入れるため、20日に名古屋栄のApple Store前へ始発で行って並ぼうと休暇まで取ったものの、銀座ではもうすでに並んでいる現状を考えると入手は相当厳しそうだ。

週末ApplePickUp!:「iPhone 5s」が欲しいなら並べ。すでに争奪戦は始まっている – ITmedia PC USER

それに、私が狙っている新色シャンパンゴールドは大人気。

「今使っているiPhone4sの2年縛りが終わるのが12月だから、それくらいに手に入れば良いか」

と既に諦めムード。(苦笑)

オンラインショップ!?

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【iPhone】廉価版iPhoneもありかな?って思う時
  • 【iPhone】もう多分発売される廉価版iPhoneを妄想してみた
  • 【iPhone】Appleに廉価版iPhoneが必要な理由(含む、我が家の事情)


  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    6 件のコメント

  • 緊急報告
    2013.08.14
    iPhone5はsoftbank 、auとも在庫があり次第、当分発売されるそうです。お店の担当者が言ってました。

  • cが廉価版ではなく、どんなに評判が良くても、s=高い方、c=安い方、と判断されるでしょう。
    来年、7が出る時にsの流れが無くなって、cのケースだったら大どんでん返しでしょうけど。>花柄や水玉が出たりして(^^ゞ
    私の4sは来年2月で2年なので、それまで静観します。
    その前に残債無料機種変キャンペーンが始まったら5sにすると思います。

    • コメントありがとうございました。(^o^)/
      私も5s待ちです。
      でも、sもポップな感じでジーンズに似合いそうで、正直迷ってます。
      さて、これからどんなiPhoneが出るんでしょう?
      楽しみですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です