iPhoneの機能 AirDrop(エアードロップ)の使い方と活用方法

---広告---

Th airdrop site画像は、Apple – iOS 7 – 新機能からキャプチャー

iOS7を搭載したiPhone5から追加された、Wi-FiやBluetoothを使ったAirDropという機能。

これを使うと、近くにいるiPhone同士で写真位置情報連絡先メモWebページなどを送ることができてとっても便利。

これから、AUGMとか、オフ会とかできっと役立つと思いますので、使い方を是非覚えてください。
といっても、とっても簡単です。

【広告】

使い方

情報などを送る側と、送られる方で操作が異なります。

Webページや写真など、どんなファイルを共有する時も同じ操作です。

受信側

コントロールセンターを表示
▲画面下中央を上へスワイプしてコントロールセンターを表示、AirDropをタップ。

 

受信設定
▲連絡帳に入っている人だけから受信するか、それに関係なく受信するかを選びます。

 

受信可能
▲この状態になったらOK、あとは待つだけ。

 

送信側

Webページを送る
▲SafariでWebページを送りたい場合、受信側と同じようにAirDropを有効にして、下部の共有アイコンをタップします。

 

送信アイコン待ち
▲この状態で待機します。

 

受信側のアイコンが表示された
▲受信側のアイコンが表示されるので、送信したいアイコンをタップします。

 

受け取る

受け取る
▲受信側にはこんな表示が出るので、「受け入れる」をタップします。

 

位置情報
▲同様に位置情報も、Map.appから送受信できますよ。

 

連絡先を送信
▲同様のやり方で、写真はもちろん、メッセージ.appのメモや、連絡先.appの情報も送る事ができます。

 

使いどころ

オフ会の時など便利そうですね。

今思いつくのは、2次会の場所などをみんなに伝える時や、長いパスワードなどを書いたメモの受け渡しです。

前回の伊勢志摩Appleユーザー会の際は、実際に会場のWi-Fiパスワードを送りました。

また、iOS7から(?)連絡先.appにTwitterやFacebookのアカウントを入れる欄ができたので、自己紹介用の連絡先を作っておいて、名刺代わりに交換しても面白そうです。

この機能に対応しているアプリ同士なら、ファイル交換ができるようなので、いろいろ応用できそうですね。

良きiPhoneライフを

Written by Metal(@Metal_mac

iPhoneのLive Photo(ライブフォト)で満開の桜とホトトギスの鳴き声をとろう

2016.04.05

iPhoneのメモappへウエブサイトを保存する方法

2015.12.27

iPhoneのリマインダーを使いこなせ

2015.11.17
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です