【iPad】Appleの嘘とiPad Airのイノベーション

---広告---

Th ipadmini cm

先週初めてiPad Airを触って大きな衝撃をうけた。

もうiPad miniとの相違点は画面サイズだけで、初代iPad miniと比べると161g、月末に発売予定のRetinaバージョンとは、138g重いだけだ。

Mサイズの卵2〜3個分といったところか。
持った感じでは、ほとんど重さの違いが感じられない。

また、第4世代のiPadと比較すると、-183g、約28パーセントものダイエットだ。
※いずれもWi-Fiモデルの重さ

人に例えると、体重80キロの人間が57.6キロまでダイエットした計算になる。

参考:iPadを比較する – Apple Store (Japan)
参考:iPad (第 4 世代) – 技術仕様

Appleは、どうしてここまでしてiPadを軽くしなければならなかったのか?
これについて考えてみた。

【広告】

Appleの嘘

実は昨年iPad miniを発売した時、Appleは大きな嘘をついている。

証拠は、冒頭の画像。

ミニなのはサイズだけ“というキャッチフレーズだ。

初代iPad miniのチップは第4世代のiPadより1世代前のA5。

そして、非Retinaディスプレイであった。

関連:【iPad】高いぞ!非Retinaだ!それでも買っちゃったiPadmini

そして、形状もベゼル周りは第4世代のiPadより細く、違った物になっていた。

つまり、サイズ違いの製品では無く、丸っきり別物だったのだ。

昨年のiPad miniは新製品だったこともあり、Appleも少々及び腰になったのかもしれない。

今回発表された第2世代のiPad miniで、Retinaディスプレイにして、iPadと同じA7チップを搭載したのは、Appleにとっても面目躍如となっただろう。

iPad Airのイノベーション

iPad Airでは、ベゼル周りの形状はiPad miniのそれと同じ、とても細くなっている。

このことからも解るように、iPad AirはiPad miniによって、再定義されたiPadだと言ってもいいだろう。

第4世代まで発売されたiPadは、ある意味完成された製品だった。

それをここまでの大きな変更に舵を切ったのは、Appleにしても大きな挑戦であったと思う。

そして、1年という短い期間に、このようなイノベーションを実行できたAppleに、今までと変わらぬ輝きを感じた。

それは、iPad Airの軽さを実感した人の驚きが物語っている。

まとめ

これで、iPad Airよりも大きいiPadも、iPad Airとminiの中間の大きさも、技術的には自由自在に作る事ができるわけだ。

今噂されている、大きいサイズのiPadもあながちデマでは無いのかもしれない。

Written by Metal(@Metal_mac

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です