【IT】Windows没落の理由と今後の戦略を考える

---広告---

Th nayamu catch eye

数日前の日経にこんな記事がありました。

参考:米マイクロソフト、業務用特化の観測もスマホで薄まる存在感:日本経済新聞

不振が続くマイクロソフトのOSがバルマー氏が去った後の新体制になると、業務用に特化して販売するんじゃないか?という観測記事。

その不振の理由をスマホの普及により、PCの需要が落ちたためだとしています。

それも一理あるかもしれませんが、私はもうひとつの理由があると思うんです。

【広告】

MavericksとiOS

AppleのMac用OS “Mavericks“は、今回から無料になったということもあって、とても好調なようです。

OS X Mavericks 10.9(無料)
販売元: Apple – iTunes K.K.(サイズ: 5,290.6 MB)
App

私もメインのMacbook Pro Retinaディスプレイへ入れましたが、快適です。

その快適に使える理由のひとつに、iOSとの連携があります。

これは、Macとモバイル機器であるiPhoneやiPadなどのiOSデバイスが、補完し合っているからであって、単独で動かす場合よりも魅力が倍増しているからに他なりません。

つまり、それぞれの良い所をそれぞれのOSがしっかり引き出しているのです。

AppleとWindows

どちらも、モバイル用途のOSを開発しようとしたのですが、こんな違いがあります。

AppleのOSXとiOSは、それぞれのデバイスの個性を掘り下げ、連携するけど一緒にはならず、それぞれの足りないところを補い、お互いを支え合っています。

一方、Windows7から、タッチパネルに対応していましたが、Windows8からPCとモバイル機器との統合を目指しました。

しかし、デスクトップ用パーソナルコンピューターとモバイル機器では、元々の用途が違う上に、ユーザー層も違います。

その辺りが曖昧のまま、安易にOSを統合してしまった結果が、今の状況なのでは無いのでしょうか?

Windowsのそれは、統一したモノのどっち付かずのOSになって、お互いをつぶし合ってしまったような気がします。

Windowsの戦略を考える

とは言え、このまま業務用に特化してしまって、個人用の開発を終了してしまうと、世間が混乱するのは目に見えています。

個人的には、Windows7は軽くて良くできたOSだと思うし、Windows Phoneも聞くところによると好評のようだし、MacとiOSとのように上手く連携すれば、そこそこ残っていけると思うんですけどね。

それに売れているXbox

これとWindowsやWindowsPhoneの連携を深めれば、AppleのGame Centerが転けているだけに、その辺りを突いてくればもっとAppleに対抗できると思うんですが・・・

みなさん、どう思います?

Written by Metal(@Metal_mac

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です