MacとiPhoneでクリップボードを共有する2つのアプリ

---広告---

Th command c

コピーロボットに職場へ行って欲しいMetal(@Metal_mac)です。

コピー&ペーストは便利ですよね。
と言うより、パーソナルコンピュータを使う上で欠かせない機能です。

よくMacでコピーした文章や電話番号、画像などをiPhoneへ送りたい、またその逆でiPhoneからMacへ送りたい事ってよくあります。

今まで文章の場合は、Macからメモ.appへペーストして、iCloudで同期してくれるのを待ってiPhoneで再びコピーしてました。

今回のアプリは、一手間省けて2つとも異なるデバイス間でクリップボードのデータを直接受け渡しできるアプリです。

【広告】

Command-C

Command-C 1.0(¥400)
販売元: Danilo Torrisi – Danilo Torrisi(サイズ: 3.9 MB)
App

そのまんまのネーミングですがw、iPhone、iPad、Macをお互いに登録すると、3者間でクリップボードのデータをやりとりできます。

こちらのアプリをiPhoneへダウンロードし、Macには、無料のアプリをMacApp Storeからダウンロードしてインストールします。

Command-C
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

こちらは無料です。

起動して同じLANネットワーク内に入ると、アプリが自動的に探してくれますので、登録したいデバイスを指定します。

あとは、各デバイスで送りたい画像や、テキストをコピーして画面上で相手をタップ(クリック)します。

Th c cgamen

受け取る方は、クリップボードへ直接データがコピーされますので、テキストならメモ.appなどにペーストするだけです。

しかし、画像の場合、Macは空のフォルダなどにCommand+Vでペーストすればいいのですが、iOS側は貼り付けるアプリが限られます。
そんな時、クリップボードのデータを管理したり、直接取り出せるアプリがあると便利ですね。

そこで次のアプリ

Pastebot

Pastebot — コピー&ペースト強化ソフト 1.4.2(¥400)
販売元: Tapbots – Tapbots(サイズ: 6.9 MB)
App

MacとiPhoneの間でクリップボードのデータを共有することが出来ます。

しかし、iPhone、iPodTouch専用で、iPadにはインストールできないのが残念。

ただ、素晴らしいのはクリップボードのデータを200個蓄積できることが出来て、しかもそのデータをフォルダへ移すことでiPhoneの容量が許す限り保管することが出来ます。

Th pastebot sync naibu

こちらも、WebサイトからPastebot Syncという無料のMac用アプリをダウンロードしてシンクロさせます。

Th pastebot syncPastebot Syncダウンロード

一旦シンクロさせておけば、相手を指定しなくてもMac側でコピーした内容が気持ちが良いくらいズコズコiPhone側へ落ちてきます。

また、画像を編集する機能もありますから便利ですよ。

まとめ

この2つを組み合わせることによって、お互いのクリップボードデータのやりとりは、完璧かも。

でも、iOSとOSXの間でAirDropが使えるようになれば、もっと便利になるんですけどね。

良きAppleLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【iOS】出会いは逃すな!3ステップでできるiPhoneの連絡先データをメール、iMassage、AirDropで名刺代わりに送信する方法
  • 【iOS7】アイデア次第で大化けするかも、AirDropの使い方と使いどころ
  • 【iOSアプリ】iPhoneやiPad、Macの間で自由に画像をやりとりできるアプリ -Instashare-
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です