お肌が痒い人へ、乾燥肌とアトピーが入浴剤で改善されたよ

---広告---

保湿

こんにちは、50才を過ぎてお肌に気を遣うようになったMetal(@Metal_mac)です。

私、子供の頃からアトピー性皮膚炎とおつきあいしております。
けして、望んで付き合っているわけでは無いのですが、症状が出たり引っ込んだりの腐れ縁。

特にシャンプー、洗濯洗剤や柔軟剤を変えてた場合に相性が悪かったりすると覿面(てきめん)。
また、ストレスや過労など、精神的、肉体的な負荷によっても発症するようです。

私の場合は、幸い深刻な症状ではありませんが、それでも若い頃放っておいたら、皮膚がただれてしまったこともありました。

特に今の時期(冬場)は、お肌が乾燥しがち。
こういう時にも症状が出やすいようです。

今回はそんな時に私がやってる対処法の話です。

【広告】

まず原因を探る

当然ながら、原因が明確になる場合は、元に戻すと治ります(それでも数ヶ月はかかる)が、何が原因なんだか解らない場合は、とりあえず皮膚科へ行って塗り薬を処方してもらう方が、市販の薬を買うより安価おすすめ。

しかし、一時的に症状を抑えるのには良いのですが、長期間の使用は副作用の問題など、いろいろ弊害もあるようです。
参考:ステロイド外用剤の使い方と副作用 とは – コトバンク

なので、原因が分からない場合は、症状を抑えている間に原因を探ることになります。

私の場合

実は、昨年秋頃から、汗をかくと背中に痒みが出ます。
ちょっと運動して汗をかくと、それが首筋から背中にかけての患部に反応してチクチクするんです。

原因はたぶん、薄くなった頭皮に刺激を与えたくて(笑)変えたシャンプーと時期的に乾燥してきたからと判断。

ひとまず、増毛計画は脇に置いてアトピーを治すことにしました。

シャンプー

私の場合シャンプーは、低刺激の物しか使いません。
それも、過去に近くのスーパーマーケットなどにあるようなのは低刺激を謳っているを使ったのですが、だめでした。

なので、いつも石けんシャンプーを通販で買って使ってます。

以前は、これ↓を使用してました。

今は、試しにこれ↓を使用しています。

どちらも良い感じです。

ただこの石けんシャンプーの欠点は、洗った後髪の毛がきしみます。
髪の毛を触っても、全く滑らなくなります。

同じ種類のリンスを使うと元に戻るので、一緒に買うのですがこれがまた罠でw、シャンプーの方はなかなか無くならず、リンスばかりが無くなります。

この辺りが欠点と言えば欠点。

入浴剤

動脈硬化予防と加齢臭対策を兼ねて、最低20分は毎日入浴剤入りの湯船に浸かるようにしています。

これまでは、バラの匂いがするバブを入れていたのですが、保湿効果のある入浴剤に変えました。

これが効果覿面。

ただ、1本500ミリリットル入りで3,000円前後するので、入浴剤と考えると結構お高い。

説明書きを見ると、一般的な浴槽に入るお湯、200リットルに対して20ミリリットルの使用が推奨されています。
25回分です。
つまり、1回120円。

以前のバブだと、一箱12個入りが455円なので、一回約38円。
3倍以上の値段がします。

しかし、使い始めて1ヶ月程度、週に2〜3回の使用(貧乏性w)でも徐々に良くなってきているのは解ります。

これからは薬だと思って、頑張って毎日入れるようにします。(>_<)

まとめ

アトピーじゃ無くても、乾燥肌で痒く張る場合もあるようなので、肌にかゆみを感じる方は、入浴剤などで保湿を図ると良いかもです。
しかし、こればっかりは、個人差や製品との相性があるので、もしお困りならいろいろ試すことをおすすめします。

また、この歳になると肌に潤いが無くなり、自然と肌がガサついてきます。
多くの男性は私も含めて、女性と違いお肌のお手入れなどにも鈍感。

若い頃と違って、加齢臭対策やお肌のお手入れのメンテナンスしないと、ドンドン汚くなって人に不快感を与えてしまうと思うので、アトピー対策と併せて最近気になってます。

でも、今のところ弱点(頭の薄毛)は棚上げw


Written by Metal(@Metal_mac

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です