フワっとした食感がたまらない大分の銘菓『荒城の月』を食す!

---広告---

Th kojo mikasatopphoto by 大分の代表生菓子 【荒城の月(12個入)】~ふわふわとした食感の生菓子~

AUGM大分へ初参加したお土産に『荒城の月』という和菓子を買ってきました。
まだ大分ネタで引っ張る(^_^;

この和菓子、聞くところによるとファンが多い大分の銘菓だそうです。

【広告】

荒城の月

このお菓子を作っているのは、但馬屋老舗川口自由堂の2店舗があるそうですが、私は今回、帰りの便に乗る前、大分空港で売っていた『川口自由堂』さんの方を買いました。

Kojonotuki hakoはる〜♪こうじょうの〜♩ 雰囲気が出てますねw

Th nokoro 2ko写真を撮ろうと思った時にはすでにこの状態 (^_^;
美味しい美味しいと、嫁さんや子供達が食べちゃいました。

Kojonotuki 1ko表面はお饅頭のような皮では無くて、卵白を泡立てたメレンゲ?です。

表面がふわふわしてます。

Kojonotuki nakami中身は卵黄を練り込んだ餡が入っています。

餡は甘すぎず、とはいえ味はしっかりしています。

口に入れると、表面のふわふわ感が心地よく唇に当たります。

バス旅行の車中で、PodcastAppleCLIP(Appleクリップ )の佐藤さんからいただいたのですが、思わず「うまい」って言っちゃいました。

癖は無いけど個性はあるので、美味しくて、日本茶でもコーヒー、紅茶、和風、洋風どちらのお茶請けとしても合いますよ。

買えるところ

川口自由堂さんの『荒城の月』は、大分空港のお取り寄せサイトにて通販でも購入できますよ。
大分の代表生菓子 【荒城の月(12個入)】~ふわふわとした食感の生菓子~大分の代表生菓子 【荒城の月(12個入)】~ふわふわとした食感の生菓子~

大分のお土産にお勧めです。

あ、ざびえるも美味しかったです。
これは、そのまま食べるより、オーブントースターなどで少し暖めると、中がホクホクして美味しいかも。

これから地方のAUGMへ行ったときは、その土地のお菓子や、お土産も楽しまなくちゃと思いました。

良きAppleLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • AUGM in OITA 2014 レポート #augmoita
  • AUGM in OITA 2014 城下町臼杵市へ翌日観光行ってきた! #augmoita
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です