Appleの考える新カテゴリー製品を全力で考えてみた

---広告---

Apple CEO Tim Cook
Apple CEO Tim Cook Photo by deerkoski


先日のティムクックCEOのインタビュー記事の内容から、次にAppleが投入する新カテゴリーの製品とは何か?を考えてみました。

「日本は重要市場」―AppleCEO単独インタビュー - WSJ.com「日本は重要市場」―AppleCEO単独インタビュー – WSJ.com
ティム・クック最高経営責任者(CEO)

【広告】

インタビューの内容

ティム・クック氏は、インタビューの最後の方にこういうことを言ってます。

真のスマートフォンに転換したい

Appleの考える真のスマートフォンってなんでしょう。

前CEOのスティーブ・ジョブズ氏が、iPhoneを発表する時の言葉にヒントがあるように思います。

今あるスマートフォンは、スマートとは名ばかりで、どれも使いにくく、操作が難しい

この辺りを踏まえつつ、全力で考えてみました!

画期的なユーザーインターフェイス

iPhoneの時は、キーボードからタッチパネルへの転換でしたが、今回はどうなるのか?

仮に新しいカテゴリーの製品が、iWatchやiTVと呼ばれるであれば、もはやタッチパネルでも不便でしょう。

腕時計の大きさの画面をタッチパネル操作するのは困難(一世代前のiPod nanoを見れば良く解る)ですし、現状のApple TVにしてもイマイチまどろっこしい感があります。

これまでの流れから、 “音声入力” と予想するのが自然ですね。

そのための Siri であると思います。

iCloudとの連携

iPhoneも最初の頃は、iTunesとの連携が必要でしたが、iCloudのおかげでiOS5以降、単独でのアプリのアップグレードなどができるようになり、iPhoneの使い勝手が飛躍的に良くなった気がします。

また、iOSとMac用のOSXを連携させることで、より便利に使えるようになりました。

次のカテゴリーは、JawboneのUPFitbitなどの活動量計ではないか?との噂も聞こえてきます。

iCloudとの連携は不可欠でしょう。

この新カテゴリーの製品はどう関わっていくのか楽しみです。

iTunesStoreとの連携

iTunesStoreとの関わりも外せません。

なぜなら、iPhoneはiTunesStoreのiOSアプリと共に成長し、一般人でも簡単にアプリを世に送り出せるiTunesStoreというシステムがあったからこそ成功したと言えます。

収益に占める割合は1割程度ですが、映画や音楽と上手く連携することが成功する鍵となるでしょう。
Th aapl revenue photo by ハイテク業界を支配するApple、グーグル、マイクロソフト–収益源で見る各社の違い – CNET Japan

ひょっとしたら、新しいエンターテインメントサービスなのかもしれません。
Apple TVストアをオープンさせたのが、どうも気にかかります。

まとめ

新しいカテゴリーの製品が、噂される時計型のiWatchなのか、 iTVなのか、サイズの大きいiPhoneなのか?

Appleという会社が新しい製品を出す時は、「後出しじゃんけん」。
iPhoneの様に世間にすでにある物をよりクールにしたものであるはず。

この辺りから紐解いていくと、何が出てくるのか判るのかもしれませんね。

全力で考えてみたけど、これだけじゃ、まだよく判らない事が判った…
ということで。(^^ゞ

良きAppleLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

記事中リンクまとめ

  • 「日本は重要市場」―AppleCEO単独インタビュー – WSJ.com
  • ハイテク業界を支配するApple、グーグル、マイクロソフト–収益源で見る各社の違い – CNET Japan
  •  

     

     

    関連記事

  • 【UG】Appleの普及活動にまだまだ頑張らねば!と燃えた話
  • 【Apple】Appleは狂っているのか?iPodTouchを分解した専門家が驚愕したこだわりとは!
  • 【iPad】Appleの嘘とiPad Airのイノベーション
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です