友人を増やすために名刺交換で大切な3つのポイント

---広告---
Meishikokan


先日書いたとおり ごりゅご (@goryugo)さんのブログ合宿へ行ってきました。
その内容は後日記事にするとして、ブログ合宿自体はやっぱり楽しいの一言でした。

今回、先日作成した名刺を持って初対面の方や、久しぶりにお目にかかる方へお渡ししてきました。

やはり、お渡しするだけでも、いろいろ話が弾んで楽しいものです。

今回のような趣味の集まり以外でも、名刺を渡すシチュエーションっていろいろあると思うのですが、話題に困ることもしばしばあると思います。
そんな時に話を弾ませる方法を、Webで見つけたので考えてみました。

参考:距離が縮まる!「名刺交換」質問術 | web R25

【広告】

受け取る時

名刺が両面印刷の場合も多いので、必ず裏面をチェックして、名前の読み方を確認しましょう。

そして、単に「よろしくお願いします」と言うより「⚪︎⚪︎さん、宜しくお願いします」と名前を付けて挨拶すると好感を持ってもらえます。
また、声を出して読み上げることで、自分の記憶にも残りやすく、相手の顔を見ながら言えば、名前と顔が一致しやすいですね。

会話を弾ませる

挨拶のあと、お互いに初対面の場合が多いでしょうから、共通の話題が無くて気まずい思いもするかもしれません。

そんな時は、受け取った名刺の情報を最大限に活かしましょう。

仕事上の名刺交換なら、肩書きや役職が載っているはず、仕事の内容などを訊いてみましょう。ほとんどの人は、自分に興味を持ってくれる人に悪い印象は持ちません。

また会社のロゴなどにも、会社の理念を表している場合も多いようです。

相手に覚えてもらう

初対面で、自分のこと相手に印象付けようと、焦って自分の事ばかり話していては逆効果。

名刺交換に限ったことではありませんが、人は自分の話を聞いてくれる人を好きになります。

そのためにも、聞き上手になりましょう。

人は、自分の話を聞いてくれる人は「好い人」との印象を持ちやすいものです。

相槌を打ちながら話を聴き、相手の話が終わってから、自分の話をする方が良いでしょう。

この手法、男性の場合より、相手が女性の時の方が効果が高いようです。

よく、男の間では、バーの片隅で高倉健さん(古いか?)のような男が黙って飲んでいるような男がモテそうだ、などの話になります。

しかし、女性は話しもせずに黙っている男が良いのでは無く、女性の話の腰を折らずに黙って聞いている男がモテるんです。
(これが、男にとっては難しいんですよね (^^ゞ)

まとめ

最後にもう一度名刺交換の時に取りたい行動の要点をまとめます。

  • 相手の名前を声を出して言う
  • 名刺の情報から、相手に質問する
  • 聞き上手になる

私自身、今回書いたことがキチンとできているかというと、そうでもありません。
そうできるように頑張りたいです。(^_^;

参考:距離が縮まる!「名刺交換」質問術 | web R25

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【林囓】オフ会の必需品 QRコード入りオリジナル名刺が完成したぞ!
  • 【オフ会】人見知りな人に教えたい、初めて会う人に話しかけるための3つのステップ
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です