iPhoneやiPadの画面の色を反転表示する方法

---広告---

読書で寝る

iPhoneiPadで読む電子書籍の良いところは、照明が全く無い真っ暗な所でも本が読めること。

これって紙の本に比べて意外と大きなアドバンテージです。

しかし、標準の設定では、バックライトの明かりが強すぎて眩しすぎる。

就寝前の読書で明るい光を目にするのは、安眠には良くないそうです。

そんな時に覚えておきたい、白いバックを黒く、黒い文字を白くする反転させる設定です。

【広告】

色を反転させる

こういう便利ワザではおなじみの “アクセシビリティ“ の設定です。

設定.app>一般>アクセシビリティ>(視覚サポート)色を反転

Irowohanten

上の画像を見て、あれ?っと思った方は偉い!

ちっとも色が反転してません。
実は、スクリーンショットでは反映されないんです。

実際には、このように見えます。(Photoshopエレメントで加工)

Th hanten mihon

ですから、写真の閲覧には向きませんが、白黒の文字であればOK.

Th hanten gazo

深夜バスに乗っているなど、光を外へ漏らしたくない時にも便利かもしれません。

でも、暗いところでの読書は、目に良くないでしょうからほどほどに。

良きAppleLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【林囓】画期的な機構で超簡単に防水できるiPad用防水ケース
  • 【iPad】iPad Air?iPad mini Retina? 迷った場合の決め方
  • 【iOS】iPhone、iPadの動画をテレビで観る2通りの方法
  • 【林囓】解約したiPhoneでFaceTimeを使う設定方法
  • 【林囓】空っぽのiPhoneやiPadで音楽やビデオを再生する方法
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です