iPhoneが故障して解ったAppleの顧客満足度 が高い理由

---広告---

Iphone ekisyoware

「お父さん、 iPhone 落としたらおかしくなっちゃった」と言いながら、昨夜、高3の娘が部屋へ入ってきた。

娘のiPhone5の画面は、一見するとガラスにヒビも入っておらず異常が無いように見えるが、やはり何かおかしい。

【広告】

iPhone 液晶割れ

綺麗な模様のように見えるが、4束の細い縦線が無数に入っている。
操作しようと画面に触れると、勝手に2~3ページピュンピュンめくれたり、触っても反応したり、しなかったり。

「あちゃ〜、これってAppleCare+に入ってたかな〜」と思い、何とかシリアルナンバーを調べ、Appleのページで確認すると、ありがたや。

バッチリ入っていた。

Applecareplus

 

Apple Care+ for iPhoneとは

すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。AppleCare+ for iPhoneに加入すると、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます1。さらに、操作上の不慮の事故に対する修理などのサービスを、1回につき7,800円(税込)のサービス料で最大2回まで受けることができます。

引用元 Apple – サポート – AppleCare – iPhone

iPhone購入から30日以内じゃないと入れないが、通常1年間の保証をもう1年延長してくれて、今回のような本人の過失による落下や水没の故障も2回までなら7,800円で修理してくれるのが特徴。

Apple(Apple公式サイト含む)で、9,400円の一括払いでのみ購入できる。

少々割高になるが、ソフトバンクやauで月々分割払いも可。(購入と同時加入が条件)

 

iPhoneを修理

一瞬、週末に名古屋のAppleStoreへ持って行くか?と考えたが、カメラのキタムラがAppleの正規サービスプロバイダで、私が住んでいる街に修理を受け付けてくれる店舗があるのを思い出す。

カメラのキタムラ

ここなら、私の仕事帰りに寄れる。

Macに故障したiPhone を繋ぐと幸い認識してくれたので、バックアップを取ってSIMカードを取り出し、私の引退させていたiPhone4Sへ入れ、バックアップを戻して娘に渡した。
※SIMカードの入れ替えは大きさが違うので、アダプタが必要。

この辺りがAppleオタクの良いところ、家の中に引退したiPhoneがゴロゴロしているので、代替え機には困らないw

 

カメラのキタムラの対応

次の日の朝、通勤途中にあるカメラのキタムラの受付窓口へ電話で症状を伝えると、本体交換になるのでと、在庫を取り置いてくれた。

SIMカードを抜いてあることも言ったが、最初の設定が必要ないならそれでもOKとのこと。

夕方、仕事帰りに来店して、一緒に症状を確認、 iPhoneを探すをオフにするためパスワードを入れる。
パスコードロック番号とパスワードは事前に娘から訊いておいて良かった。

書類を書いたり、メールチェックをしている間に交換品の設定が終わったようで、来店から40分少々で店を出ることができた。

キタムラ修理伝票

7,800円かかると思っていたが、旧機種は4,400円とのこと。
Appleのサイトをよく観ると小っさい字で書いてあったw

なんだか得した気分。

まとめ

今回のトラブルで、一顧客として満足した点が2点ある。

  1. 費用
  2. 娘のiPhoneを見た時は、修理に数万円はかかるのでは?と、ちょっと青ざめたが、AppleCare+のおかげで4,400円で済んだのは嬉しい。
    実際、伝票にはAppleCare+の適用が無いと修理に約28,000円かかると書いてある。

    AppleCare+の代金を入れても、
    9,400円+4,400円=13,800円
    で済んだ。

    それに、保証期間終了まで約半年、もう一度水没等の事故(遭って欲しくないが)があっても交換して貰える安心感もある。

    ソフトバンクにも似たような保証はあるが、立て替え払いなので修理後に申請するなど、1手間も2手間もかかる。

    やはり、その場で値引いてくれた方が満足度が大きい。

  3. 修理に要する時間
  4. このカメラのキタムラが無ければApp Store店舗が無い地方在住者には、ピックアップサービスしか残されておらず、そうなると少なくとも亜新しいiPhoneを手にするまでに2〜3日はかかるだろう。

    また今回のことで、カメラのキタムラのサービスプロバイダを初めて利用したが、夕方は平日でも混雑するAppleStoreのGeniusバーに比べて、お客さんも少なく、待ち時間は5分程度、対応もスムーズで気持ちが良かった。

    大都市にあるAppleStoreのリテールショップに比べて地味ではあるが、このサービスプロバイダ制度がAppleの顧客満足度に大きく貢献しているのは間違いないだろう。

    以前同僚がガラケーを水没させて、同じメーカーのガラケーを取り寄せたが3日程度かかったようだ。

    iPhoneは、そもそも個体が多いので、人気機種で無ければ今回のようにその日に手に入ると思われる。

何より、故障を知ってから24時間かからずにiPhoneが帰ってきて、娘の笑顔を見られたのが私にとっては一番の満足だった。

良きAppleLifeを

修理後のiPhoneの画面

Written by Metal(@Metal_mac

 

 

 

 

 

Apple関連記事

もうすぐSiriとiOSアプリが主役の未来がやってくる!

2014.03.10

Appleの考える新カテゴリー製品を全力で考えてみた

2014.02.12

iPhoneがすべての始まり

2014.02.05

すきやばし次郎とApple、ジョブズはどんな夢を見たんだろう。

2014.01.29

【林囓】Appleの噂はチラりズム?iPhoneを列んでまで買う理由

2014.01.15

Appleは狂っているのか?iPodTouchを分解した専門家が驚愕したこだわりとは!

2013.12.02
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です