iPhoneの着信音をMacのGarageBandで超簡単に作成する方法

---広告---

Mac のGarageBandで着信音作成

iPhone着信音作り方の記事が好評なので、第二弾。

今回は、Macに無料で提供されているGarageBand(ガレージバンド)を使う方法。
※iOS版GarageBandでの作り方は下の記事を参考にしてください。

iOS版GarageBandでiPhoneの着信音(着メロ)を作る方法

2014.05.24

Macだとこちらの方がちょー簡単です。

【広告】

GarageBandで着信音

最近のMacはバンドルされていると思いますが、無い方はAppStoreからインストールしてください。

GarageBand

600円
(2016.07.18時点)
posted with ポチレバ

 

▼GarageBandを起動すると新規プロジェクトの画面が現れるので、着信音を選択。
新規プロジェクト

 

▼この画面でオリジナルの楽曲を作って着信音にできるんですが、少々敷居が高いので今回はiTunesに入っている楽曲を使います。
右上のアイコンをクリック

 

▼右にiTunes内の楽曲が表示されます。
アルバム内の楽曲

 

▼着信音にしたい曲を真ん中にドラッグ&ドロップ。
この時、一番左端に持って行きます。
ドラッグアンドドロップ

 

▼中央上の表示はこのままでも良いのですが、時間表示にしたい方は「タイム」をクリックすると変更できます。
※着信音にできるのは40秒未満
タイム

 

▼曲の途中から着信音にしたい場合は、スライダーを最初の位置へ持って行って「再生ヘッドの位置でリージョンを分割」をクリック。
再生ヘッドの位置でリージョンを分割

 

▼必要が無い部分をアクティブにして、編集>削除、またはdeleteキーで捨てます。
削除

 

▼デフォルトでは、メトロノームがオンになっているのでオフにします。
メトロノームオフ

 

共有>着信音をiTunesに…でiTunesへ書き出します。
iTunesへ書き出し

 

iTunesへ自動的に切り替わり、自動的に着信音に設定可能な38秒分が切り取られ「着信音」のタブに「名称未設定」の名前で登録されます。

▼確認して適当な名前に変更して、iPhoneと同期させて終了です。
iPhoneと同期

長々と書きましたが、このやり方だと曲が決まっていれば1分もかからずに着信音ができあがります。(iPhoneとの同期時間を除く)

 

フェイドアウト

曲が突然終わらないように、最後をフェードアウトさせることもできます。

着信音を終わらせたい位置へスライダーを持って行き、「再生ヘッドの位置でリージョンを分割」、不要な後半部分を削除。

▼スライダーを後退させて、ミックス>フェードアウト
フェードアウト

 

▼白い節をドラッグして音量を調節することができます。
音量を調節

 

まとめ

GarageBandには最初から音源もたくさん入っているので、オリジナルの着信音を作っても楽しいでしょうね。

良きMacLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

GarageBand

600円
(2016.07.18時点)
posted with ポチレバ

 

関連記事

iOS版GarageBandでiPhoneの着信音(着メロ)を作る方法

2014.05.24

760点以上の通知音、着信音が入ったiPhoneアプリRingRingTone

2014.03.26

iPhoneの着信音の設定と作成方法 無料ダウンロードサイトの紹介

2013.12.23
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です