【スマホ】本当にiPhoneのSIMフリーが当たり前の時代がやってくるのか?

---広告---

Bankokuki

日経新聞が今日付の記事で週明け(30日)にも、携帯電話各社へSIMロックを解除するように義務づけると報道しています。
参考:携帯会社、端末換えずに変更 スマホ利用制限を解除  :日本経済新聞

【広告】

改革の内容

前述の記事から引用

利用者が携帯会社を乗り換えやすくして競争を促す狙い。使い慣れた端末を持ったまま携帯会社を乗り換えられるようにし、顧客の囲い込みをやめさせる。台頭してきた格安スマートフォン(スマホ)会社の顧客獲得に弾みが付き、寡占で高止まりする料金が下がる効果を期待している。

現在、携帯電話各社の通話・通信料金は、ほとんど横並び。
ドコモが新しい体系のプランを6月から導入したものの、各社似たり寄ったりの料金体系で高額なことには変わりありません。

関連:「パケあえる」ドコモの新プランで我が家の料金プランがビックリの結果

一(いち)消費者としては、新プランに乗り換えると使いもしない電話料金を払わされたり、現状のままでは7ギガバイトある通信制限もフリーのWi-Fi環境が整ってきている状況では、毎月食べ残しが増えるばかりです。

使わなかった分を割り引いてくれるとか、そんな画期的なプランは出そうにありません。

そこで総務省が、現在のSIMロック解除を義務化、利用者はSIMカードだけをキャリアと契約できるようにして大手キャリアが有利な状況を変えたいとの狙いのようです。

元記事には、先進各国のSIMフリー事情が表になっているのですが、ここまでガチガチにSIMロックをかけているのは、日本だけのようですね。
(ドコモはiPhone以外でOK)

自由競争が資本主義の原点、こういう改革は大歓迎なのですが、ただ1つ気になったのは、この部分。

総務省は端末販売の落ち込みや海外への不正転売を防ぐため、販売から一定期間はSIMロックを認める方針だ。英国のように、携帯会社と端末を切り離して自由に選べるようにすることは今後の課題となる。

もちろん不正転売を防ぐのは重要なことです。

しかし、この運用によっては有名無実化しそうな気がします。

まとめ

購入からSIMロックが解除できるようになるまで2年とか3年かかってしまっては、買い換えの時期になるのでメリットがなくなります。

私的な感覚としては、長くて1年ってところでしょうか。

元記事によると、今回の措置は2010年に携帯電話各社へSIMフリーへの自主的解除を求めていたようですが、現状が変わらないので義務化することにしたようです。

今後、日本通信を初めとする仮想移動体通信事業者の格安スマホとのせめぎ合いの中で、少しでも消費者にメリット感がある料金プランが出てくるのを期待しています。

また、現状で本体価格と通信料金をセットにした非常に解りにくい料金体系も見直して欲しいものです。
※日本の料金体系と諸外国との比較はここのPDF資料がとても興味深いです。

  • 携帯電話料金の国際比較 ~ユーザが携帯電話料金プランを選ぶ時代へ~ | 野村総合研究所(NRI)
  • 良きITLifeを

    Written by Metal(@Metal_mac

    関連記事

  • 「パケあえる」ドコモの新プランで我が家の料金プランがビックリの結果
  • AppleIDとGoogleの2段階認証のススメと専用アプリ
  • 貴方のAppleIDは大丈夫か?-フィッシングメールを見破る方法-
  • 楽天でんわの件でテレビ局から取材来た-導入前・導入後の料金比較-
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です