iPhone 完全防水ケース 水中5mで撮影可能「Catalyst(カタリスト)」 の耐水性能&使い方を全力レビュー

---広告---

Th waterproof iphone case01

今話題の水深5メートルまで耐えられる、ウオータープルーフ iPhoneケース、Catalyst(カタリスト) Case for iPhone 5s/5トリニティ株式会社さんから送っていただいたのでレビューです。
iPhone6/ iPhone 6Plus用もあります。

私は、こう見えても(見たこと無い人がほとんどでしょうがw)昔はバリバリのスキューバーダイバーで、一眼レフをハウジング(防水ケース)へ入れて水中写真を撮ってました。

なので、もちろんシュノーケリングなど、海でも使えるこのケースはとっても気になっていたんですよね。
トリニティさん、ありがとうございます。

【広告】

防水機構と装着方法をチェック

一番気になっていたのが、どんな防水機構なのだろうということ。

水中カメラのハウジングなどでよくあるのが、ケースの接合面にオーリング(円形のゴムのパッキン)を噛ませて左右をバックルでパチパチ留めるやつ。

お弁当の機密性が高いタッパーを想像して貰えば解りやすいのかな。

しかし、それだと左右のバックルが邪魔になるし、無骨になる。

とてもコンパクトになりそうにない。

実際の製品を見てみると、こんなふうでした。
とってもスリム。

Th waterproof iphone case15

裏蓋のサイドにオーリング(真ん中の黒いゴム)をはめて防水してます。

Th waterproof iphone case04

これだと背面を水圧で押された時にケースの裏板が撓(たわ)んで変形し、内部に漏水する可能性があるけど、水深5メートルまではそれに耐えられる裏蓋の材質のようです。

ここでちょっと蘊蓄(うんちく)垂れますと、水深10メートル事に1気圧上がります。

地上の圧力が1気圧だとすると、水深10メートルでは、地上の2倍の圧力(2気圧)がかかるんです。
20メートルだと3気圧、30メートルだと4気圧。

なので、水深5メートルでは、1.5気圧の圧力がケースにかかります。

防水性能を発揮するには裏蓋のハメ方重要

最初は、iPhoneを入れずにケースに裏蓋をはめてお風呂へ沈めてみました。

Th waterproof iphone case07

見事水没w

実はこうなったのには訳があります。

ケースが入っている箱の中敷きの裏側に書いてある注意書きを無視して、裏蓋を適当にパチパチと填めたからなのです。

Th waterproof iphone case02

ランダムにあちこち裏蓋を押さえて填めてしまうと、サイドのオーリングが凸凹になってしまい、上手く水密を保てないからだと思います。

注意書きにあるように、iPhone上部から徐々に裏蓋を填めることをオススメします。

正しい装着方法

Th waterproof iphone case08

少々押して上部をはめ、その後滑らせるようにパチパチとホームボタン側へ填めていくといいでしょう。

こうすれば、オーリングが均一になるので水密を保てます。

Th waterproof iphone case09

この時、ゴミや髪の毛が挟まっていないか、よくチェックしてください。
それを伝って水が入り込みます。

水圧がかかる場所での防水って非常にデリケートなので、水没を防ぐにはこの部分が肝になります。

他にも大切な注意事項がいろいろ書かれているので、注意書きを必ず読んでくださいね。

水中カメラやハウジングでの水没事故って結構多いんです。

外す時は、コインで底面の出っ張りをこじると簡単に外れます。

Th waterproof iphone case10

水密にさえ気をつければ、脱着は思ったよりも簡単でした。

TouchIDとタッチパネルの反応

防水ケースの上からTouchIDが使えるってどうなっているんだろうと思っていましたが、やはりホームボタン周辺だけ素材が違っています。

Th waterproof iphone case03

感度は落ちますが、指紋認証を濡れた状態でもそこそこ認識してくれました。
何か特殊な加工がしてあるのかな?

防水フィルムなので一般の保護フィルムに比べそこそこ厚いため、タッチパネルの反応は鈍くなります。

ちなみに水中ではTouchIDもタッチパネルでの操作も使えません。

Th waterproof iphone case12

水中撮影したい

タッチパネルのシャッターも反応しないので、水中写真を撮る時は音量ボタンのシャッターを使ってください。

Th waterproof iphone case14

風呂の中でオモチャのブロックを持って撮影してみましたが、タッチパネルでの操作ができないため、画面をタッチしてのピントを合わせができません。

完全オートになるので、被写体が近い場合ピンぼけ写真になる確率が高くなるでしょう。

水深5メートル程度なら、リーフでのシュノーケリングに最適かな。

水面でビデオをオンにしておいて、動画撮影する方が手間いらずで良いかもです。

私も経験があるのですが、シュノーケリングなどをしている時は、手に持っていたつもりでもいつの間にか無くなっていることがあるので、iPhoneが手を離れても大丈夫なように、こういうフローティングストラップを付けておくと安心です。

catalyst iPhone 5/5s用 アクセサリー フローティングストラップ  CT-FLAN250-BK

音楽を聴きたい

お尻の所に穴があるので、それを外せば充電もできるしヘッドフォンも繋げます。

Th waterproof iphone case05

もちろん、水に浸かっている時に外すと水没しますw

水中でスピーカーから音を鳴らすこともできます。
しかし、水中では陸上より音が速く遠くへ飛びますから、近くに人がいると迷惑になるかもです。

まとめ

今回は、海や川で使うことを想定して水中での使用についてレビューしました。

今までの防水ケースというと、ジップロックのような袋タイプが多かったように思うのですが、今回はちょっとおしゃれな感じです。

また耐防塵性能や耐衝撃にも優れているので、アウトドア派にはありがたいiPhoneケースです。

このケースを装着すれば、iPhoneの使い道が広がりますね。

良きAppleLifeを

【追記】
トリニティのプレジデント ほっしぃこと星川さんがこの「Catalyst」を選んだ理由について同社のブログで書かれています。
中の人にしか書けない、なかなか興味深い記事ですので是非どうぞ。

参考:Catalystを選ぶ理由、あれこれ | トリニティ株式会社

Written by Metal(@Metal_mac

iPhone6/6Plus用もあります

関連記事

  • iPhone、iPadminiをマグネットで脱着できる車載ホルダーレビュー
  • 家計簿アプリ マネーフォワードの資産管理が便利過ぎてお金が貯まりそう!?な3つの理由
  • 今話題のAnker 40W 5ポートが同時充電できるUSB急速充電器レビュー
  • ちびファイ2(世界最小のWi-Fiルーター)新旧製品を比較してみたオススメはどっちだ?
  • 【林囓】画期的な機構で超簡単に防水できるiPad用防水ケース
  • 【林囓】超薄くて軽くてオシャレになるiPhone型バッテリーが到着〜!
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です