【Mac】Safari(サファリ)の「リーダー機能」と「読み上げ」機能で快適Webブラウジング

---広告---


毎朝起きると、寝ぼけ眼のままGoogle ニュースで収集した記事を読むんですが、老眼が進んだ眼にはRetinaディスプレイとは言え、ぼやけて読みづらいんです。

そんな時は、リーダー機能を使って Mac に読み上げて貰うことにしてます。

リーダー機能とはMacの標準ブラウザSafariに装備されているもので、サイトの記事本文と画像だけにしてくれる機能です。

リーダー機能 リーダー機能を使った状態

【広告】

Mac の読み上げ機能の準備

まず読み上げ機能を設定していない方は、準備が必要です。

>システム環境設定>音声入力と読み上げ

音声入力と読み上げ環境設定

この設定で、KyokoさんやOtoyaくん(日本語環境)が無い方は、ダウンロードが必要です。

日本語環境

ポップアップ画面で、カスタマイズを選択します。

カスタマイズ

チェックを入れ、OKをクリックするとダウンロードが始まります。しばらくマテ。

日本語

Safari(サファリ) のリーダー機能

Webサイトのテキストを選択してそのまま読み上げても良いのですが、選択が少々面倒です。

たいがい横に広告等が表示されていますからね。

「Command(⌘)+A」で全選択するとこんな風になってしまいます。(T^T)

全選択photo by 新記録に笑うApplevs新記録に泣くサムスン電子(1) | Joongang Ilbo | 中央日報

そこで「リーダー」の出番。

Webページを見ていて、右上の「リーダー」が青くなっていればリーダー機能が使えます。
ほとんどのブログやニュースサイトで使用できると思いますよ。
※発動する条件があるようですが、詳しくは謎。

リーダー機能

青くなっているところをクリックすると、本文中のテキストと画像以外は表示されなくなります。

そこで、先ほどのショートカット(「Command(⌘)+A」)で全選択しておいて、コンテキストメニュー(右クリック)>スピーチ>読み上げを開始 で朗読が始まります。

読み上げ速度は、先ほどのシステム環境設定で調節できますので、お好みの速さにどうぞ。

KyokoさんやOtoyaくんは、音読みと訓読みが上手では無いですが、十分実用範囲です。

複数ページにまたがる記事も、リーダー表示にしたまま下方へスクロールすると自動的にダウンロードされ、全ページが表示されます。

文字の大きさを調節したい時は、左上の Aアイコンをクリックすると拡大・縮小できます。

まとめ

細かい字を長く読むのは辛いお年頃なので、結構便利に使ってます。

良きMacLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【Mac】メモアプリ “スティッキーズ” を使いこなせ
  • 【Mac-iOS】Safariのリーディングリストの意外な?使い方
  • Mac初心者にお勧めの設定・使い方・メンテナンスTips10選
  • MacでSiriのような音声コマンドを使う方法
  • 【Mac】Finderをカスタマイズ(設定変更)して使い勝手を向上させよう!
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です