AirMac Extreme逝く

---広告---

壊れたAirMacExtreme

昨夜帰宅すると、インターネットに接続できない。

自宅のインターネット環境は、固定の光回線。
ルーターは1階リビングのテレビ裏に3世代前のAirMac Extreme
を設置してある。(現行は第6世代)

慌てて、AirMacユーティリティを開いて見ると、案の定繋がっていない。

【広告】

しかし、Wi-Fi環境を拡張するために2階の自室前に現行のAirMac Expressを設置してあるが、そのランプは緑色。

ということは、「リビングのAirMacExtremeを再起動すれば治るのか?」

と思いテレビの裏を覗くとコンセントは繋がっているのに、AirMacExtremeの電源ランプは付いていない。

しかも、中からジジジっと聞いたことが無い異音が。。。

あらまぁ、お亡くなりになったらしい。
2010年秋に買った製品で、毎日休まず4年も働いてくれたので仕方ないか。(T^T)

このままでは、テレビは映らなくても困らないがインターネットが使えないと生活に関わる我が家の生活。

2階に置いてあるAirMacExpressを取りあえず振り替えてルーターにすることにした。

取り替えた感想

第3世代のAirMacExtremeも802.11nに対応していたのだが、なんだかWi-Fiが格段に早くなっているような気がする。
実際にWebのスピードテストサイトで測ってみると約20Mbpsといままでと、驚くほど違いは無いが、iPhoneの反応(読み込み)が速い。

例えば、今までは、Google Analyticsのアプリを起動して表示されるまでに、読み込み中のカラーボールが何回かクルクル回るのを見ることが出来たが、取り替えたらそのカラーボールが姿を現す前に更新される。

AirMacのソフトウエアのバージョンはアップデートされるので、そう変わらないはずなのだが、チップが良いのかな〜?

使っていた第3世代のAirMacが古くなっていたせいかもしれないが、とにかくアプリとの相性は現行のAirMacExpressの方が良い。

結局、古いAirMacがボトルネックになってWi-Fiの速度が遅くなっていたようだ。

まとめ

初代のAirMac(最初、AirPortという本来の製品名だったが日本では登録商標の関係で後に改名)も使っていたが、2台くらいルーターは安いB社などを使った。

有線は安いルーター、Wi-Fi環境はAirMacExpressという環境が続いたが、いずれも2年もしないうちに有線ルーターが壊れるので、4年くらい前に今回壊れたAirMacを買った。

AirMacを使っていて一番便利だったのが設定。

従来の有線ルーターだとウェブブラウザでいろいろ設定が必要だったが、AirMacの場合はあまり難しいことが解らなくてもMacのAirMacユーティリティーで比較的簡単に設定できるところ。

インターネットに繋がっているかどうかが図解で解るので、状況がとってもイメージしやすい。

Th airmacextreme seting

なんだかまとまりの無い話になったが、しばらくはこの状態でもいいのかな?って思い始めた時には、すでに新しいAirMac Extremeをポチッた後だったと報告しておく。

あぁ〜 SIMフリーのiPhone 6Plusを買おうかと考えていた矢先の2万円の出費は痛い。
_l ̄l○

良きAppleLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • AirMac ExtremeへHDDを接続して快適なファイル共有環境を作る方法
  • AirMac Expressで解ったAppleのこと-レビュー-
  • 【AirMac】どこでもMyMacの設定方法
  • 【レビュー】有線LANに接続する超小型無線ルーター『ちびファイ2 MZK-UE150N』他、超便利モバイル3点セット
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です