iPhone6 Plusで快適に通話する方法 -でかくてお困りの方へ-

---広告---

iPadmini iPhone6 Plus iPhone5s

私はまだ買っていないんですが(買うのか?)、iPhone 6 Plus 確かに電話にしては大きいですよね。

iPadnanoって言われるくらい大きい電話なので、鞄に入れて持ち歩くことが多くなるでしょう。
着信の際に今までのiPhoneと同じように鞄からよいしょって取り出して、耳に当てて会話するのは大変です。

そんな時はこんな使いこなし方はいかがでしょう?
2通り考えてみました。

結論から言うと、iPhone6 Plus本体で通話しなければよいのです。

【広告】

AppleWATCHもどきを使う

iPhoneとBluetooth接続し、その名のとおり、”ぶるっ”として着信を教えてくれます。
活動量付きのもっと高級なのもあります。

着信のお知らせが来たら、Bluetooth接続のヘッドセットなどで電話に出る。

え?かける時はどうするかって?

iOS8からは、”Hey Siri” って呼びかければロック状態でもSiriが反応して電話してくれます。

関連:【iOS8】Hey Siri ってiPadで電話する方法

iPodTouchやiPhone5を使う

これまでiPhone5やiPhone 5sを使っていた人は、まだ手元に余っていればそれを使います。

下取りに出しちゃったよ〜 って人はiPodTouchを買ってください。

iOS8からできるようになった連携機能で、iPhone6 Plusとそれらを連携して子機として使います。

これならiPhone6 Plusを鞄に入れていても発着信ができます。

前項の関連記事でも書いてますが、設定方法です。

設定

設定>FaceTime>iPhoneでの通話

iPhone6 Plus側、子機となるiOSデバイス側ともこの設定をします。

Ipad denwa facetime

しかし、条件として、両方同じiCloudにログインしていることと、同じWi-Fiネットワーク内であることが条件です。

え? 自宅や職場などWi-Fiネットワークがある所は良いけど、屋外はどうするかって?

インターネットに繋がっている必要は無く、Wi-Fi環境があれば良いのでローカルなWi-Fiネットワークを作ります。

こういうWi-Fiルーターを使うと簡単にできますよ。

モバイルバッテリーでも動作するので、家にゴロゴロしているダンボーバッテリーを繋いで一緒に鞄の中へ入れておけば何日もWi-Fiネットワークを作ってくれるでしょう。

まとめ

iPhone6 Plusを買った人は、AppleWATCHが発売されるまでちょっと不便でしょうが、こんな感じでしのぐのも楽しいんじゃないでしょうか?

Apple Watchが発売になって、カバンからいちいちiPhoneを取り出さなくても通知をチェックできるのでとっても便利です。

良きAppleLifeを

iPhoneを比較

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【iOS8】画面の読み上げ機能で歩きスマホは無くなるか?iPhoneの電子書籍をオーディオブックにする方法
  • iPhoneカメラでマニュアル撮影するアプリ
  • 【iOS8】標準写真アプリが大変身 編集機能が凄いことに!
  • 【iOS8】Handoffを設定してiPhoneとiPadを連携強化
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です