iPhoneの写真.app 編集機能の使い方

---広告---

Iphoto syasin

iPhoneiPadiPod touchで使えるiOSがiOS8にアップグレードされ、iOS版のiPhotoがディスコン、標準の写真アプリに統一された。
※この編集機能はiOS8から使えるようになりました。

その写真アプリの画質補正機能が大進化しているだけじゃなく、とても使いやすくなっている。

Specialthanks Mr.Sato

【広告】

編集

Th syasin hensyu

写真アプリを立ち上げて、右上の「編集」をタップすると編集モードに。
撮影日時が上に表示されるのは、iOS8からかどうか忘れたけど地味に嬉しい。

新編集機能
右下の丸で囲んだダイアルのようなアイコンをタップすると新機能が現れる。

Th iphoto syasin tate3
「ライト」「カラー」「白黒」の3つ。

Th iphoto syasin tate4
下に並んだサムネイルを見ながら左右にスライドして、それぞれの効果を画面を見ながら編集できるが、より詳細に画質をいじりたい場合は、右の「三」をタップ。

right編集

詳細な項目が現れる。
右の数値(画像では0)は未編集の証。

効果を与えると数値で表示されるので、どの効果を編集したかが一目で分かる。

Th iphoto syasin tate6

下部のメモリを左右にスライドして編集し、右下のチェックマークをタップすると効果を確定できるが、確定しなくても次々と効果を重ねていくことができる。
目で見ながら微調整できるのでとっても便利。

また編集途中で左の×印をタップすると一瞬で編集前の画像に戻ることができる。

ランドスケープモード

Th iphoto syasin2

横向きでも同様の編集ができる。
解像度が高く大画面でのiPhonePlusではさぞ楽しかろう。(T^T)

Th iphoto syasin8 Iphoto syasin6

トリミング

Th iphoto trimming

トリミングも進化、ダイアルで細かく斜めにも傾けることができるようになった。

編集アプリを追加

Add edit app

左上の○に…のアイコンをタップし、その次に「その他」をタップするとiOS8の機能に対応した編集アプリを追加することできる。

私の環境ではこの機能に対応しているアプリは今や定番のCamera+だけだった。

Camera+ 6.0.1(¥200)
販売元: tap tap tap – tap tap tap LLC(サイズ: 40.5 MB)
App

編集前と編集後

編集前

Th iphoto syasin4

編集後

Iphoto syasin5

まとめ

編集機能が2段階に分かれていて、簡単に済ませたければそれなりに、もっと懲りたければ詳細に。
こんな使い分けができるのもAppleの純正アプリらしいところ。

何より画像編集そのものを楽しめるのが良い。

良きAppleLifeを

Written by Metal(@Metal_mac

関連記事

  • 【iOS8】Handoffを設定してiPhoneとiPadを連携強化 – 林囓mac
  • 【iOS8】Hey Siri ってiPadで電話する方法 – 林囓mac
  • 【iOS8】標準メモアプリ2つの進化 写真添付とリッチテキストに対応 – 林囓mac
  • iPhone、iPadにATOK日本語入力キーボード(iOS版)がついに登場!これでイライラ解消か!? – 林囓mac
  • 【iPhone・iPad】iOS8で日本語キーボードmazecを使ったよ、9月末まで値下げ中 – 林囓mac
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です