Google Chrome リモートデスクトップ を使って iPhone ・ iPad で Mac の画面を操作する方法

---広告---

iPhone ・ iPadで Mac を操作する

先日の iMug-伊勢志摩UserGroup-定例会で使ってみたChromeリモート デスクトップですが、設定が簡単でアイデア次第ではいろんな使い方ができます。

今回は、設定方法と使い方を紹介します。

【広告】

何ができるの?

iPhone iPad Mac (PC)で、同じGoogleアカウントを設定し、手元にあるiPadやiPhone(Android端末もアプリ有り)とインターネット越しにMacやPCの画面を共有、 iPhone・iPadでその画面を操作できます。

ただテキストは、英数しか認識しないようです。

また、《どこでもMyMac》のように直接ファイルのやりとりはできませんが、Cloudサービスなどを上手く利用すれば「あ!自宅のMacにあのファイルを忘れてきた」って時にDropboxなどでファイル共有できますよ。

Chrome ブラウザアプリを利用した、もともとPC同士のデスクトップを共有するアプリケーションのようで、「リモートサポート」機能では、MacやPC同士で画面共有ができます。
※Chromeリモート デスクトップ導入後、Google Chromeのアプリから起動

それをiOSデバイスとも共有できるように拡張したようですね。

今回は、iOS機器(デバイス)でMacを動かす方法を書いておきます。
(といっても、他も同じでしょうが)

設定方法

ホストとなるMac(PC)側へサーバーアプリケーションのインストールします。

一方、クライアントのiOSデバイスへは専用アプリ(Chrome Remote Desktop)をダウンロードする必要があります。

Chrome Remote Desktop

無料
(2016.08.30時点)
posted with ポチレバ

Mac (PC)側

ブラウザGoogle Chromeの「ウィンドウ>拡張機能」から、一番下の「その他の拡張機能を見る」。

Google リモートデスクトップ

このアプリを右上の「無料」をクリックしてインストールします。
※トップ画面に現れない場合は、左上で検索

マイパソコン
  • 「リモート接続を有効にする」
  • リモート接続を有効にする

    これをクリックすると「Chrome リモート デスクトップ ホスト インストーラ」をダウンロードが始まるので、終わったらまたインストール。

    Remote desktop package

    終わると、「システム環境設定」に項目が追加されますので、ここで「有効・無効」の切り替えができます。

    システム環境設定の項目

    最初は、任意のPINコード(パスワード)を設定する必要があります。

    以後は、iOSデバイス等からアクセするには、このコードが必要になります。

    PINコード入力
    ※左下の鍵を開けてPINコードを設定

    注:このシステム環境設定をクリックしなくても、途中でPINコードを入力するダイアログが出るかも。ゴニョゴニョやっていたら忘れてしまいました。ゴメン。

    有効

    iOS側

    iOSデバイスにChrome Remote Desktopをダウンロード、Googleアカウントを設定します。

    Googleアカウントを設定

    何台も設定して、切り替えて使用することもできます。
    Macを選択

    任意のPINコード(パスワード)を入力

    Th ios remote client3

    手元のiPhoneなどにMac(PC)のデスクトップが表示されます。
    ※画像は、iPhone5sを縦で共有してます。

    共有画面

    Google Chrome リモートデスクトップ 使用方法と使った感想

    上のマウスアイコンをタップするとiPadではデフォルトの「タップモード」とiPhone・iPodTouchで標準の「トラックパッドモード」操作方法を切り替えることができます。

    「ドラックパッドモード」では、マウスのアイコンが青に変わり、画面にカーソルが現れてタップするとカーソルの位置をクリック、2本指でタップすると右クリックになります。

    詳しくは、右上の点が3つ並んだアイコンをタップすると現れる「ヘルプとフィードバック」を参照してください。

    同じWi-Fi環境下ならグリグリ、インターネット越しだとカクカク動きます。

    iPhone5sでは、アプリがよく落ちます、まぁ仕方が無いでしょう。
    iPadAir2だと落ちること無く動いています。

    操作に慣れるまでは、少々使いにくいかもしれませんが、応急的なものだと考えれば十分でしょう。

    まとめ

    冒頭にも書きましたが、クラウドサービスを使ってファイル共有をしたり、スクリーンに投影させたMacなどの画面を手元で操作しながらプレゼンをやったりと、活用方法はいろいろ。

    どこでもMyMac》はMacとiCloud、AirMac Extremeが無いと使えませんが、これはプラットフォームを選ばないのが強味ですね。

    こんなに便利なアプリケーションをサクッと、しかも無料で出してきたGoogleに乾杯です。

    良きAppleライフを

    Written by Metal(@Metal_mac

     

     

     

    iPhone・iPadの画面をテレビなどに映せるアダプタ

    こんな記事も書いとるよ

  • Yosemiteになって何気にSafariが進化してる
  • 【Mac】サファリの「リーダー」と「読み上げ」機能で快適Webブラウジング
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    1 個のコメント

  • Google リモートデスクトップを使ってiPhone・iPadでMacの画面を操作する方法 – 林囓mac | Apple FAN|macやiPhoneなどアップル製品のニュースサイト より:

    […] 紹介します。 何ができるの? iPhone・iPadとMac(PC)で、同じGoogleアカウントを設定し、手元にあるiPadやiPhone(Android端末もアプリ有り)とインターネット越しにMacやPCの画…[続きを読む] […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です