iPhoneで作ったチビの年賀状

---広告---

2015年賀状

みなさん、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

【広告】

冒頭の画像は、高校一年生の次女がiPhoneで加工した年賀状です。

今年の我が家の年賀状は、これを採用することになりました。
※右下のURLなどは私が後入れ

全然「戌年」じゃないんですが、(^_^; 長女がiPhoneで撮った愛犬りゅう太が主役です。

私は最後の印刷を担当しただけで、全く手を出してません。

凄い娘だっ!て親バカするためにご紹介したわけではなく、ここまで誰でも簡単に画像の加工ができるようになったのかって、改めて感慨深いものがありました。

実は、私がWindowsからMacに乗り換えたのは「パーソナルコンピュータで家族の年賀状を作りたかった」というのが動機でした。

ちょうどWindows98が出た時ですから約16年前、次女も産まれたばかりの頃です。

当時30万画素くらいしかなかったデジカメの画像をPCに取り込んで文字を入れたり加工をするのって、私が持っていたWindowsPCではとても処理が重かったのですよ。

画像を開くだけで、けっこう時間がかかったりしたもんです。

画像処理で遊びたかった私は、そんな不満が積もり積もって初代iMacに乗り換えました。

それが今は、年賀状作りも高校生が持っているiPhoneやスマートフォンで簡単にできちゃうんですよね。

まぁ、これでこれまで毎年親父の役目だった「家族の年賀状作り」が終わっちゃったのは少々寂しいんですが、これも子供達の成長したってことで喜ばしいことなんですよね。

こんな風に年々変化し続けるAppleやIT関連の話などで、盛り上がれたら良いなって思っていますので、今年もよろしくお願いいたします。
<(_ _)>

Written by Metal(@Metal_mac

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です