iPhoneが衝突予防とドライブレコーダーになるアプリ -Safety Sight-

---広告---

SafetySight
今流行の衝突予防装置付きの車にはおいそれと乗りかえられない Metal(@Metal_mac)です。(T_T)

今回のアプリはそんな人の為のiPhoneアプリです。

自分の車で試してみました。

【広告】

車間距離を測定など

20メートル以内に何か(多くの場合車)が接近すると距離を測ってくれます。

車間距離

急接近すると「前方注意」って具合に音声で警告してくれます。

その他にも、長い間信号で止まっていると音声で「発進確認」と注意を促されます。

何回も言われるとちょっとうるさいですが、ボケーとしていて後ろからクラクションを鳴らされるよりましです。

ドライブレコーダー

手動でも20秒間録画してくれますが、衝撃があると自動的にその前後10秒間の動画が位置情報と共に保存されます。

位置情報付き録画

詳細をタップすると、録画した動画をカメラロールへ書き出すことができます。

動画を描き出し

運転診断もしてくれるので、自分の運転を今一度振り返ってみるのも良いかもです。

ドライビングチェック

緊急電話機能

緊急連絡先

そして万が一事故が起こってしまった場合は、《緊急》をタップすれば警察や消防へ直通で電話をかけることができます。

事故を起こした際は気が動転するものなので、このような機能はありがたいですね。

まとめ

安全運転講習を受けた際の講話で、前方の信号待ちの車へ追突するいわゆる「オカマを掘る」事故が後を絶たないそうです。

原因は、人間は眼を空いていても見ようという意思がないと、脳が認識せずに見ていないのと同じだそうです。

人間は間違いを侵す生き物です。

機械に頼ってはいけませんが、このようなアプリが悲しい事故を減らす一助になればいいですね。

良きドライブライフを

Written by Metal(@Metal_mac

関連:【レビュー】ドイツ製iPhone用車載フォルダー ミニスマートグリッパー3 がガッシリでジジっと気持ちが良い

こんな記事も書いとるよ

  • 貴方もお金を捨ててるかも!?Money Forward(マネーフォワード)で埋もれていたマネー発見した話
  • Google Chromeリモートデスクトップを使ってiPhone・iPadでMacの画面を操作する方法
  • iPhoneのヘルスケアアプリって何?設定方法と使い方
  • 【広告】

     

    この記事が気に入ったら
    応援お願いします (^o^)

    リンカジmacの最新情報をお届けします

    Twitterでメタルをフォローしよう!

    気に入ったら友達へシェア!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です