Macのバックアップ取ってる?True Imageは初心者にオススメ!

---広告---

アクロニスTrue Image

Macのバックアップソフトの開発元、アクロニス・ジャパンさんから、自社製品のTrue Imageを送っていただいたので使ってみました。

【広告】

バックアップのアクロニス

アクロニスは、Windowsの世界では有名らしいのですが、今後はMacのサポートにも力を入れるとの事で、今年6月末に開催したAUGM三重 2015、7月に開催されたAUGM鹿児島2015でプレゼンに参加してました。

AUGM鹿児島2015:アクロニス・ジャパン

2015.07.11

 

オススメな理由

以前、私も記事にしていますが、同じ事はMacの標準搭載されている「ディスクユーティリティ.app」や「TimeMachine」を使ってもできるんですよ。

Macの緊急ディスクをUSBメモリに作成する方法

2013.08.20

Macのディスクユーティリティで外付けHDDのパーティションを切って有効活用する方法

2014.05.04

Mac の TimeMachine (タイムマシン)の使い方と設定方法

2014.05.05

ただ、この方法は、手間がかかるのでMac初心者の方には少々ハードルが高いかもしれません。

同じような事が、このソフトを使うと、ほぼ2ステップでできてしまうのが凄いんです。

インストール

このアプリケーションをサイトからダウンロード、もしくは、製品版のディスクからインストールします。

True Imageをインストール

Mac のインストール方法は、Windowsのようにインストーラーを使用するものもあるのですが、このようにアプリケーションをドラッグ&ドロップでアプリケーションフォルダへコピーする方が多いのかも。

この場合、左のアイコンをドラッグして、右のアプリケーションフォルダのエイリアス(Windowsでいうショートカットアイコン)へドロップしてください。

※私の経験上、この状態でアプリケーションをダブルクリックして起動し、インストールできたと思っている方が何人かいましたので、あえて書きました。

アプリケーションフォルダへコピーしたアイコンをクリックすると、プロダクトキーを要求されますので、ユーザーズガイドなどに書かれているキーを入力します。

プロダクトキー入力
このプロダクトキーが、やたらと長いのでちょっと大変。

製品版をいただいたので、ディスクからコピーしたのですが、プロダクトキーを入力しても認識してくれないトラブル発生。

公式サイトからダウンロードしたら、無事認識してくれてバージョンも同じだったので、Macへのコピー時にたまたま何かの不具合が起きただけかもしれません。

再現性があるかどうか判りませんが、もし同様のトラブルに遭った方がいればダウンロードすれば大丈夫かと思います。

バックアップの作成

ここから先も驚くほど簡単で親切です。

バックアップ準備

最初の画面でバックアップを作成する画面が出てくるので、あらかじめ用意したバックアップ用HDDなどを選択してポチッとするだけ。

バックアップ中

バックアップに要する時間は、Macの性能やHDDの環境によっても違うのでしょうがUSB3.0接続のHDDで333GBをバックアップを取るのに約1時間30分かかりました。
参考までに。

緊急起動ディスク作成

バックアップが終了すると、自動的に緊急ディスク作成画面になります。

TrueImage緊急ディスク作成

あとのダイアログで出てきますが、起動用ディスクは専用のパーティションが必要です。

私は、USBメモリに作成しました。

必要な容量は、約1.5GB。

あらかじめ大容量のUSBメモリ内にパーティションを切って作成すれば、もしもの時にMacのメンテナンスもできて便利です。

緊急起動ディスク

スクリーンキャプチャーが撮れなかったのですが、このディスクを使用してMacを起動する(再起動してすぐにOptionキーを長押し)とデフォルトの緊急起動ディスク画面に、「True Imageのバックアップ」を復元する項目が追加されてました。

まとめ

このTrue Image はMac、Windows両対応。
1つのライセンスで3台までMacまたはWindowsをバックアップできるバージョンもあるので、MacとWindowsを併用している方にも最適でしょう。

また、オプションでクラウドへバックアップできたり、Parallels Desktopの領域もバックアップ取れたり(実は開発者が同じ)と他にもお楽しみがあります。

執筆時現在で、私がいただいた 3台のMac、PCで1年間使用できる Unlimitedバージョンが25%オフでした。無償の試用版もあります。
参考:Mac および PC 向けパーソナル バックアップ | Acronis True Image ファミリー

広報の野中さん広報の野中さん
参考:そのときどうする? – 家族の写真・動画がつまったパソコンやスマホ、壊れても慌てないために | マイナビニュース

AUGM三重2015:アクロニス・ジャパン Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

初心者の方ほどバックアップを取らないんですよね。

AUGM鹿児島2015で、アクロニスの野中さんが言ってましたが、『買って1年目に壊れるハードディスクは「5.1パーセント」、ハードディスクの平均耐久年数は「6年」である、ノート型PCの盗難は、「53秒に1台」だそうです。

「5.1パーセント」っていうことは、20台に1台の割合で1年以内にお亡くなりになるわけで、結構な確率です。

私もMacのバックアップはTimeMachineを利用して、2台のHDDへバックアップを取ってますよ。

外付けHDDなどを用意しなければならないので、少々コストはかかりますが、住所録を初め、今まで時間をかけて作り上げてきたデータは、貴重な時間と共にお金には代えられない価値がありますからね。

言い古された言葉ですが、転ばぬ先の杖です。

よきバックアップライフを

Written by Metal(@Metal_mac

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!