お勧めのiPhone画像加工アプリ Pixelmator とMOLDIV -iPhone画像加工アプリでブログのヘッダー画像を作ろう-

---広告---

ヘッダー画像は大切
【追記】 iPhone画像加工する アプリは数多くありますが、わたしが使っている便利なお勧めアプリPixelmator Moldivの紹介です。
—–
2015年7月18日に名古屋市内のコワーキングスペースコワーキングスペースMYCAFEで行われたブログ塾へ参加してきました。
※ブログ塾とは、ごりゅごドットコムを運営するブログで飯を食っているプロブロガー、ごりゅごさんが不定期開催しているブロガーの勉強会。

前回は、色が与える印象の違いについて記事にしましたが、今回は画像加工について。

ブログデザインに使える色が与える印象の違い #ブログ塾

2015.07.28

タイトルにあるとおり、Photoshopなどの高価なアプリケーションが無くても、iPhoneがあれば、簡単にブログのヘッダー画像やFacebookの背景画像、投稿する時の画像に一工夫を加える事ができます。

【広告】

ヘッダーは重要

ブログの場合は、検索でたまたま訪れた方に覚えてもらってリピーターになってもらえるのが目的。

よほど文章が上手いとか有名人じゃ無い場合、ヘッダーの画像が印象的じゃないと覚えて貰えません。

人間って文字は印象に残りにくいので、断然ヘッダーは文字だけよりも画像を使う事をオススメ。

それも、顔出しが一番効果があるそうです。

って、ブログで原則顔出ししていない私が言うのもなんですがw

SNS(私の場合主にFacebookですが)も同じ事。

できるだけ、新しくお友達になった人に「この人は○○をやってる人」とか「○○が好きな人」って印象づけられる画像を選びましょう。

その方が速く覚えてもらえます。

で、その画像を加工する使えるアプリをご紹介。

Pixelmator

Facebookのヘッダー画像は、パソコン表示では幅851ピクセルx高さ315ピクセル
とりあえずアップロードしてから調整する事もできますが、大きさを調整しないと思ったような画像にはなりません。

トリミング加工は、iPhone上旬の写真アプリでもできるんですが、トリミングするピクセル数が判るアプリを使います。

Pixelmator
600円
(2016.05.06時点)
posted with ポチレバ

これを使うとトリミングや画像の拡大縮小時に縦横のピクセルを表示してくれます。

Pixelmator

その他にも文字を入れたり、画像を歪ませたりとさまざまな加工もできます。

Moldiv(モルディブ)

南の島国のような名前ですが、数枚の画像を1つのフレームに加工するアプリ。

いっぱい写真をアップしたいけど、1つにまとめたい
ってときに使います。

ブログの場合は、読み込み速度の速さもSEO的に重要なポイント。

フレームの例

Moldivフレーム

フレームを選んで空白のフレーム内をタップすると画像を挿入できます。
りゅう太の画像

まとめ

昔は、こういう画像処理はMacやPCが無ければできなかったんですが、便利な世の中になったものですね。

いまどきのiPhoneは、初代iMacなんかよりも高性能な画像処理ができる、立派なパーソナルコンピュータなんだそうです。

私的には、iPhoneで処理した画像をMacでブログにアップロードするっていうのが、逆転の発想で面白ポイントでした。

よきSNSライフを

Written by Metal(@Metal_mac

Photo Power フォトショップなみのエフェクトが使えるiPhoneアプリ

2014.06.17

【iPhone】絶妙なタッチでスケッチ風に加工してくれるアプリ SketchGuru

2014.08.18

iPhone で撮る 料理写真を超簡単に美味しく見せる2つの コツ

2015.10.12
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!