飛躍するか!奈落の底か?新 AppleTV に期待するもの

---広告---

AppleTVに期待するものphoto by Apple TV – Apple(日本)

先週のAppleEventで登場した製品で、もっとも面白いチャレンジだと私が思うのがこの製品だ。

発売から3回目のメジャーなバージョンアップになるAppleTVだが、これでこけたら後がないような気がするので、逆にいろいろ期待してしまう。

【広告】

AppleTV の操作性に期待

今までの AppleTV には少なからず不満がある。

  1. 文字入力の簡単さ
  2. 特にパスワード入力が今までのコントローラーではやりにくかった。
    コントローラーに文字入力機能を付けるような愚行には及ばず、iPhoneなどのiOSアプリで入力できるクールな仕様にしたのは正解だが、やはり付属のコントローラーでなんとかしたい。Siriで音声入力という解決策はいかにもAppleらしいが、定型文で話さないと意味を認識されないことも多く、どれだけ柔軟な受け答えができるようななるのかが注目だ。

    ペッパー君のような存在になると楽しいかもしれない。

  3. メモリーの増量
  4. 久しぶりに使うと画像のサムネイルが表示されず、再起動を余儀なくされる事が多い。
    使う気持ちよさにも直結するので、ケチらずに増やしてもらいたい。

  5. コンテンツ選択の自由
  6. 我が家のAppleのTVの画面に映るのは、使わないパネルのコンテンツのほとんどが使わないものだ。
    よく使うのは、Hulu・Jリーグオンデマンド・ムービーが少々くらいなもの。まったく使わない10数個のアプリを消してもっと画面をスッキリしたい。
    iOSデバイスでも、今まで消せなかったAppleの標準アプリが消せるようになるようなので、こちらのパネルも整理整頓できるようにして欲しい。

 

AppleTV の将来性に期待

冒頭にも書いたようにこれでこけたら後がないような気がするので、操作性の面だけではなく、将来性についても期待することが多い。

  1. ゲームタイトルの移植
  2. 私はてっきりAppleTVにiOSが搭載されると思っていたのだが、今回、iOS、OSXとも違うAppleTV専用の新OSを登場させた。
    豊富にあるiOSの中から移植しやすい開発環境(swift?)であることを期待する。
    iOSとの互換性を重視し、ゲームは宝の宝庫であるのでiOSアプリからの移植を簡単にしないと、現状ではさほど一般家庭に馴染みのないAppleTV、やがてそのまま廃れてしまうだろう。

    いかに多くのゲームのタイトルが移植されるか否かに命運がかかっているともいえよう。

  3. iOS、Macとの連携は?
  4. MacやiOSと連携も気になるところだ。
    iPhoneやMacと連携し、今までは想像も付かなかったような使い道が出てくることに期待したい。

    AirPlayを使った連携を上手く利用すれば、もっともっと用途が増えるような気がするのだがどうだろうか?

    いずれにせよ、各デバイス間でスムーズに連携して作業が行える囲い込み戦略がApple製品の強味なので、この辺りは外せないところだ。

  5. より簡単に、よりセキュアに
  6. ネットショッピングもできるようだが、決済方法にも注目したい。
    リビングに置いてあって、家族が誰でも使えるのであれば、今まで以上にチャイルドコントロールのような機能が欲しい。

    クリック一つだけで決済できるなんて恐ろしい物をリビングに置いておくわけにはいかない。ワンクリックで消費できる世の中に逆行するようだが、親としては強く期待したい。

    1番の浪費家は「親父だ」という声はこの際あえて無視することにする。

 

まとめ

最初は物珍しさもあって、ソコソコ売れるだろうが、本当に一般家庭のリビングに溶け込むには、まだまだ乗り越えるべきハードルはいくつもあると思う。
ライバルのセットボックスと比べれば、遙かに面白い製品だと思うが、こういう遊び心のある製品をAppleの一ファンとしては無くして欲しくない。
これからのAppleTV、いやAppleの未来に期待しよう。

よきAppleライフを

今回の発表で欲しい物が目白押し。
あかん、ほんとに浪費しそうや…(T_T)

Written by Metal(@Metal_mac

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!