Appleがモーションキャプチャー技術を持つ会社を買収 その背後にある戦略とは!?

---広告---

photo by ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

Appleが人の顔をキャプチャーする企業を買収したようです。

【広告】

この手の技術は最近アドビのアプリでも実装されていて、AUGMなどで紹介されていました。

結構楽しくて面白い技術なのですが、さてAppleはどうやって活用していくのでしょう?

Appleが発表することはないでしょうから、妄想してみました。

 

顔認証システム

現在AppleがiPhoneなどで使っているのは指紋認証システムなのは皆さんご存知のとおり。

この手の生体認証システムはいろいろあって、私の会社にも採用されている「静脈認証システム」(私の場合、まともに認証してもらえるのは10回に1回程度)、「網膜認証」などいろいろあり、「顔認証システム」も注目を浴びている技術の1つです。

なのでiPhoneやMacの次世代認証システムは、顔認証なのかもしれません。

顔認証システムなら、カメラがあればiPhoneだろうがMacだろうが関係ありませんからね。

 

Photo Booth

イマイチ活用されていないような気がする Photo Booth。

これの発展系としてアバターを使った新しいアプリケーションを作るかもしれませんね。
これちょっと楽しそう。

そして、各人が作ったアバターを映画「サマーウォーズ」の世界に使うと面白いかもしれません。

 

iTunes Storeの拡大

もちろん前述の映画に出てきたショッピングモールほどではないにしろ、iTunes Storeの拡大版だと考えると楽しいかも。

アバターがあなたに代わって、iPhoneアプリや音楽、iBooksの本を管理します。

今のSiriをアバター化するとお好みのSiriを作ることができて楽しい。

 

まとめ

Appleが、どんな使い方をするのかは謎ですが、楽しそうなワクワクする未来がまた一歩近づきつつあります。

よきAppleライフを

Written by メタル(@Metal_mac

おすすめの近未来映画2つ

メタルのおすすめ関連記事

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!