iPad Pro をAppleStoreで触ってきた これはiPadが持つ未知の性能を引き出すデバイスか?

---広告---

iPadProphoto by iPad Pro – Apple Pencil – Apple(日本)

今日、Apple Store 名古屋栄で、発売されたばかりのiPad Proデモ機を触る機会があったので、ファーストイップレッションを書きます。

ちょうど時間帯がお昼時、順番待ちまではいかないものの、他にも触りたい人がいたので、短時間しか触れませんでしたが参考までに。

また、写真は撮ったのですが、ネットへのアップロードは、スタッフの方に了承を得られなかったので控えときます。
(T ^ T)

【広告】

第一印象

冒頭の画像のように、純正キーボードが装着された状態で置かれてた。

第一印象は、でか!

同じテーブルに置いてあった13インチの MacbookPro13インチや 近くのテーブルにあったMacBookより迫ってくるものがある。

画面サイズは、12.9インチなので、大きさはMacBookやMacBook Pro13インチとほぼ同じなのだが、画面がむき出しという状態なので、画面の大きさが際立つんでしょうね。

画面の大きさが、非常に印象に残りました。

 

Smart Keyboard

話題の純正キーボード(商品名スマートキーボード)は、英字キーボードのみ。
左端に地球マークが付いていて、ここでiPadの画面操作と同じように言語を切り替えます。

スマートキーボードphoto by iPad Pro – Smart Keyboard – Apple(日本)

動作はさすがに速い。
私は、現行の iPad Air 2も持ってますが、画面が大きいのに全くもたつきはなかったです。

iPadProにもたつきは無かったのですが、これに反して人間(私)の方がキーボードの操作にもたついた。

Macと同じショートカットが使えるので、操作しようとしたんですが、⌘(command)キーと間違えて言語切り替えを押してみたり。
まぁ、この辺りは慣れですね。

慣れといえば、これもそうかもしれませんが、正直なところキーボードと画面タッチを繰り返す操作は馴染めなかった。

アプリを起動したり、終了させたりするのに、キーボードの操作をしている状態から、スムーズに画面タッチやホームボタンを押す操作がスムーズにいかない。
ワンテンポ頭の中で考えないとできないんです。

これは、私がiPadを使い始めた頃、Bluetoothキーボードを買って持ち歩き、MacBook的な使い方をしてました。
しかし、やがて使わなくなってしまいました。
なんだか、その時の感覚を改めて思い出しました。

私の場合、頭の切り替えがうまくいかず、キーボードならキーボード、タッチパネルならタッチパネルで全て完結した方が、操作に違和感がなく楽なようです。

しかし、iPadにキーボードを付けて上手に活用している人もいるので、慣れの問題も大きいと思います。

 

Apple Pencil

Applepencilphoto by iPad Pro – Apple Pencil – Apple(日本)
こちらも今回注目されているアクセサリですが、これはすごくいいです。

さすが純正って感じ。

一般的なスタイラスペンと違って、ペン先が細いのでピンポイントで狙った場所へ文字や図形が書けます。
動作もスムーズで、非常に滑らかに描画できます。

他の高級ペンタブレットを使ったことがないので比較のしようもないのですが、とっても使いやすいのは確か。

デモ機のiPad Proには、Zen BrushZen Brush 2という毛筆アプリが入っていたのですが、とっても書き心地がよかったです。
※デモ機に入っていたのは新しいバージョンの Zen Brush 2の方でしたので訂正します。
Macお宝鑑定団のダンボさんに教えていただきました。ありがとうございます。

Zen Brush 2

360円
(2015.11.13時点)
posted with ポチレバ

 

まとめ

初めて触った印象は、こんな感じです。

私は普段、お風呂の中にiPad Air2を持ち込んで、Huluで入浴中、映画やドラマを楽しんでいるのですが、これで観たらさぞかし気持ちいいでしょうね。

iPadの売り上げが落ちている云々言われていますが、この iPad Proに触れてみて、まだまだその能力は未知数のところが多いデバイスだと感じました。

良きiPadライフを

Written by メタル(@Metal_mac

 

 

 

 

メタルのおすすめ関連記事

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!