朔日餅と朝粥と朔日参り

---広告---

宇治橋前
伊勢神宮には、正月を除く毎月、朔日(ついたち)の早朝にお参りする風習があって、朝5時前に伊勢市の赤福本店前へ着きました。

この朔参りには、朔日餅朝粥など、いろいろ美味しいオマケがついてきます。

これを目当てに参加する人もいるほど。

 

【広告】

赤福本店前

伊勢志摩地方で単身赴任をしている時にツイッターで知り合った仲間と待ち合わせ。

平日だから空いてるかな?と思っていたのですが、折からの雨の中 春休み中ということもあってか、朝5時にもかかわらず赤福本店前はこの賑わい。

赤福本店前

 

朝粥

お餅を注文し終わってから、近くの料理屋さんへ朝粥を食べに行きます。

伊勢神宮近くのお店では、毎月1日の朝(元旦)だけ、朝粥が振るまわれます。

今回は、とうふやさんへ。

今月は 筍(たけのこ)粥でした。

筍(たけのこ)粥

このお店は、お料理も美味しいのですが、内宮の中を流れる五十鈴川のほとりにあって、景色も抜群です。

この時間帯は、雨模様もあって暗くて残念。

とうふや

朝粥を食べ終わったらお参りです。

 

朔参り

内宮の中を散策をしながら参拝です。

内宮へ向かう途中の桜も綺麗でした。

おかげ横丁近くの桜桜の木

 

宇治橋宇治橋

 

宇治橋の上から五十鈴川を臨む五十鈴川

 

明けきらない夜明け外灯

 

もやに煙る五十鈴川もやに煙る五十鈴川

 

正宮前

 

錦鯉錦鯉

 

雨に濡れた桜の木雨に濡れた桜の木

早朝の神宮の森を歩いていると、ホント清々しい気分になります。

日本人で良かったって思います。

みなさんも一度は早朝の伊勢神宮を歩いてみませんか。

 

朔日餅

今月は、箱を開けたとたんに桜の葉の良い匂いがする桜餅でした。

桜餅

朔参りの時に朔日餅を購入する方法です。
5月の柏餅7月の竹流し(竹に入った水羊羹)などは、季節もよく人気の製品なので毎回長蛇の列ができます。

 

まとめ

昨夜、ブログ記事をアップしてから、車で1時間30分かけて移動し、朔日参りに参加しました。

伊勢神宮の駐車場で1時間ほど眠っただけですが、不思議に元気。

お伊勢さんにお礼参りができて良かったです。

今日から新年度。

わたしもそうですが、新しい門出を迎える方々が多いと思いますが、みなさんが素晴らしい日々を過ごせますように。

Written by メタル(@Metal_mac

伊勢志摩地方のオススメ記事

朔日(ついたち)参りへ行って伊勢神宮を学ぶ。春はもうすぐの予感

2014.02.01
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!