MacやiPhone・iPadでテレビを見る方法を比較 チューナー接続する方法とWi-Fiで飛ばして見る方法

---広告---

Macでテレビを観る方法比較

MaciPhoneiPadテレビを視聴する方法は大きく分けて2通りあります。
Macに専用チューナーを有線接続してMacをテレビにしてしまう方法と、家のビデオレコーダーの映像をWi-Fiで飛ばすセットボックス(装置)を取り付ける、つまり既存のビデオレコーダーをMac側から操作したり、視聴したりする方法です。

あくまで、わたしの私見ですが、メリット・デメリットを比較してみました。

 

【広告】

チューナーを接続してMacをテレビにする

執筆時点で、Macのチューナーとしてメジャーなのは、ピクセラのPIX-DT195 StationTVでしょう。
地デジ・BS・CS対応で録画などもできます。

 

視聴は、Mac用の専用アプリをダウンロードして視聴します。

 

メリット

もともと何もない、つまりMacはあるけど テレビもビデオレコーダーも無い人にはいいでしょう。

新しくテレビやビデオレコーダーを買わなくても済むし、iMac Retina 5Kディスプレイモデルがあれば、まさしくテレビ並です。

先ほども書きましたが、地デジ・BS・110°CSに対応していてまさにオールインワン。

もちろん録画もできます。

保存先は、Mac本体と外付けHDDとどちらも選べます。

そして、最大の特徴は録画したデータをディスクへ書き出しできること。

CPRM対応のDVDプレーヤーまたはBDプレーヤーで再生することができます。

また、iPhoneやiPad、AppleTVからも視聴できます。

 

デメリット

Maとは有線接続になるので、部屋にアンテナ端子が無いと使えません。

ですから、家の中のどこでも自由な場所でというわけにはいきません。

そういう場合は、iPhoneやiPadがメインになります。

デカパッドと言われる12.9インチのiPad Proで観るといいかもです。

 

 

SOFT BANKブランドのチューナー

 

このチューナーは、ピクセラがソフトバンクブランドで出しているWi-Fiで接続するタイプのものです。

有線接続の欠点は補えますが、2013年発売で少々型が古いので今回は詳しく書きません。
以前Slingboxと比較したことがあるのでそれを参考にしてください。

iPhoneiPadでテレビが見られる「エリアフリーTV」レビュー!-視聴編-

2014.04.28
▲この装置は既存のWi-Fi環境を利用するのではなく、新しくWi-Fiネットワークを作ります。

iPhoneやiPadを自宅のWi-Fiネットワークに繋ぎたいのに、こちらのネットワークに繋がってしまうため、わたしは煩わしくなって結局使わなくなりました。
すでに自宅にWi-Fi環境がある方はご注意ください。

 

ビデオレコーダーにSlingBox(スリングボックス)を繋いで視聴する

以前このブログでも紹介したのですが、SlingBoxという装置を使う方法です。

単体でチューナー機能は持っておらず、ビデオレコーダーの映像をWi-Fiやインターネットに配信してMacで視聴する装置です。

わたしはこちらを使っています。

MacやiPhone・iPadでテレビを見ることができて外出先からも録画予約ができるSlingBox

2013.04.13

専用のアプリは必要なくてSafariなどのブラウザへプラグインを入れて視聴します。

 

メリット

自宅にすでにテレビもビデオレコーダーもある場合、これを最大限に生かすことができます。

わたしの部屋にはテレビ端子があるのですが、地デジ用しかないのでCSやBSを観ることができません。

なので、これを使ってWi-Fi経由で録画した番組を観ています。

スリングボックスで見る
この装置がすごいのが、ビデオレコーダー付属のリモコンをそのまんま再現してくれるところ。
(右上のリモコン参照)

リモコン拡大
結構すごくないですか?
この対応機種がめちゃくちゃ多くて、世界中のビデオレコーダーに対応しているんじゃないでしょうか?

わたしの使っているビデオレコーダーは、かれこれ7年くらい前のものですが、未だに再現してくれています。

リモコンがそのまんまなので、録画予約や再生の際の操作に戸惑うことがありません。

フルスクリーン
▲フルスクリーンにしたところ。

そして、SlingBox最大の特徴は、Wi-Fiの環境があれば外出先からも操作できることです。

インターネット越しに自宅のビデオレコーダーに接続して視聴することができます。

もちろん、海外からも自宅のテレビを見ることができます。

また設定も簡単で、ビデオレコーダーを接続できる方なら誰でもできます。

 

デメリット

わたしのは、最新機種ではないため画質は、そこそこになってしまいます。
※最新のSlingbox M1はフルハイビジョン1080pに対応。

画質に拘る方には向かないかも。

特にわたしの使っているiMac5Kだと粗が目立ちます。

それとWi-Fi経由なので、操作のスピードはWi-Fi環境に依存します

つまり、自宅のWi-Fi環境が遅いと操作が緩慢になったり、視聴中に画像が止まったりすることです。

 

 

まとめ

どちらも一長一短があって一概に言えませんが、わたしは普段、気になるドラマを録画して観る程度で、ほとんどテレビを見ることがありません。

また、画質にもこだわりませんので、Slingboxで満足しています。

冒頭にも書きましたが、Macをテレビとしてがっつり使いたい人は、ピクセラのPIX-DT195 StationTV

すでに自宅にテレビもビデオレコーダーもある方は、Slingbox M1がオススメでしょうか?

それほど画質にこだわらなければ、先代のSling Media SLINGBOX 350 HDMIセットSMSBX1H121も併売されていますよ。

良きMacライフを

Written by メタル(@Metal_mac

 

 

 

 

 

メタルのおすすめ関連記事

MacやiPhone・iPadでテレビを見ることができて外出先からも録画予約ができるSlingBox

2013.04.13

iPhoneiPadでテレビが見られる「エリアフリーTV」レビュー!-機器接続方法-

2014.04.26

iPhoneiPadでテレビが見られる「エリアフリーTV」レビュー!-通信設定編-

2014.04.27
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!