できなかったことより、できたことにフォーカスする

---広告---

できたことにフォーカス

同じ現象でも、見方によって大きく違います。

起こったこと(事件)はいつもフラットな存在です。

例えば、野球やサッカーの試合。

AチームとBチームが戦ったとして、Aチームが勝ったとします。

Aチームのサポーターは当然喜びます。

Bチームのサポーターは当然悲しみます。

Aチームが勝ち、Bチームが負けたという事実は何ら変わらないのに、どちらから見るかによって180度寄せる感情が変わってきます。

 

【広告】

起こったことはすべてフラット

同じように、私たちの身の回りに起こる事象は、すべてフラットなのです。

自分にとっては、悪いことでも、他方から見れば良いことかもしれません。

もし、あなたが今日の仕事が予定どおり進まなかったとして、できなかったことに注目するか、できたことに注目するかで気持ちが大きく変わってきます。

できたことに注目すれば、達成感を得ることができ、できなことに注目すれば残念な気持ちになるでしょう。

それが、心の中で積み重なれば自分自身のパフォーマンスに影響します。

一つの起こったことを他方から見ることによって、一見悪いと思えることもラッキーだったと思えるかもしれませんよ。

 

まとめ

今日は、雑用も多々あったので仕事が予定通りには進みませんでした。

しかし、予定通りに進まなかったと後悔するよりも、最低限今日できたことを喜びたいと思います。

Written by メタル(@Metal_mac

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に置き換える辞典
以前女子高生が企画したと話題になったのを覚えています。

ネガポ辞典
無料
(2016.05.31時点)
posted with ポチレバ

 

 

 

メタルのおすすめ関連記事

アドラー心理学を学べばうつは治る スティーブジョブズの名言「他人の人生を生きる」とは?

2014.09.30

アドラー心理学『刹那を踊るように生きる』 -将来の不安を吹き飛ばす考え方-

2015.02.11

アドラー心理学『刹那を踊るように生きる』 -将来の不安を吹き飛ばす考え方-

2015.02.11
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!