【iPhone便利技】書きかけのメールは、まだ下書きフォルダへ保存してるの? 

---広告---

書きかけのメールを仮置きする方法

iPhone・iPadメールアプリのミニTipsです。

iPhoneiPadメールを書いている時に、別のメールを先に書く必要が出た時、どうしてますか?

わたしは今まで「下書き」へ保存していました。

この方法でも良いのですが、また再び書き始める時に下書きフォルダへ移動するのがちょっと面倒。

そんな時に、いちいち保存しなくても書きかけのメールを残したまま、他のメールを書く方法を知っておくと便利ですよ。

 

【広告】

標準のメール.appの場合

やり方は簡単です。

書きかけのメールの上部、キャンセル」と「送信」の間のちょうど件名が表示されているあたりを下にフリックするだけ。

下へフリック

仮置きされたメール
▲メールのタイトルが表示されたまま、画面の下部に仮置きできます。

この状態で新しいメールを書き終わってから、タップするともう一度書き始めることができますよ。

複数のメールを仮置きできる▲複数のメールを仮置きできるので、出さなきゃならないメールを覚えておくのにもいいかも。

 

 

Sparkでも使える

仕様は違いますが、同じことが以前紹介したメールアプリSparkでもできました。

痒い所に手が届くメールアプリSpark -まだiPhone iPadのメールアプリで迷ってるの?-

2016.03.15

 

仮置きしているメール数

▲フリックすると赤い数字で仮置きしているメールの数が表示されます。
同じく複数のメールを仮置き可能です。

 

まとめ

最近は、メールを発信する機会は減りましたが、まだまだ仕事などでは使いますから覚えておくと便利ですね。

良きiPhoneライフを

Written by メタル(@Metal_mac

 

 

 

メタルのおすすめ関連記事

iPhoneの便利機能、アシスティブタッチって使ってますか?カスタマイズしてさらに便利に使う方法

2016.04.30

iPhone SEが我が家にやってきた これはこれでありかも

2016.04.03

iPhoneアプリ mofur(モフール)犬、猫好きにはたまらないSNS動画投稿サービス

2016.01.10
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!