AUGM東京2016Jun参加レポート

---広告---

AUGM東京の会場

AUGM東京2016Junに参加してきましたのでレポートをダイジェストで紹介します。

  • 開催日:2016年06月05日(日曜日) 12:00〜20:00
  • 会 場:関東IT健康保険組合 大久保会議室

 

【広告】

トリニティ株式会社

トリニティ株式会社 | Trinity, Inc. 【Digital Life Products】

トリニティNuAns
ライフスタイルとIT製品の融合がコンセプトのNuAns製品の紹介がありました。

昨年は、5製品がグッドデザイン賞を受賞し、海外のデザイン関係の賞も受賞したそうです。

中でも、照明とスピーカーが一体となったCORNという製品がオシャレでした。

iPhoneの充電台としても機能し、専用のiPhoneアプリで照明と音楽をコントロールできます。
CONE

 

iPhone用の防水ケース「Catalyst」のApple Watch版が紹介されていました。

Apple Watch防水ケース

トリニティ株式会社によると水深50m完全防水の防水テストには互角しているようですが、Apple Watch自体が水圧に持ちこたえられないため、このケースを装着して50メートル潜ることはお勧めしていませんでした。

このケースを装着したからといって、Apple Watchがダイバーウオッチなることはないようです。

しかしこれからの季節、海水浴等へ行く機会も増えるでしょうし、アウトドア派には最適なケースですね。

 

catalyst
▲会場でも販売されていました。

 

 

株式会社IHM QRECO(EURO STYLE)

QRECO クレコ
防水ケース
発売前ですが、こちらも防水耐衝撃ケース『 インビンシブルシェルター』を発表していました。

防水ケースは6月下旬に一般発売されるようです。
軍用規格も取得しており、「AppBank Store」
で予約受付中とのことでした。


AppBank作成のビデオ映像

 

ENJO
おなじみENJO(えんよー)のマイクロファイバークロスを紹介していました。

このシリーズは、除菌もできるクロスとして有名で、わたしも何枚も購入して便利に使っています。

 

フォーカルポイント株式会社

フォーカルポイント株式会社

 

mophie juice pack
予定にはなかったとのことでしたが、前の2社が防水ケースを紹介していたので、「フォーカルポイントも防水ケースを出しています!」とmophie juice pack H2PRO for iPhone 6 防水ケースを紹介していました。

 

Jaybird freedom
おなじみJaybird X2 Bluetooth イヤホンの新製品が発売されるそうです。

Jaybird freedomは、耳に合わない人のために新たに開発された商品で、耳に入れるイヤフォン部分が大幅に改造されており上からヘルメットなどをかぶっても干渉しないそうです。

また、専用アプリをダウンロードすると、イコライザー機能もあり音質を保存できるとのこと。

この製品が2台あると、聴いている音を二人で分け合う機能があるそうです。

カップルで購入するとラブラブですね。

フォーカルポイントでは4色展開で6月下旬に発売予定とのことでしたが、会場では、デモ機の実演も行われていました。

 

フィリップスライティング

Philips Hue

 

Philips Hue

iPhoneで光源の色や明るさをコントロールできる Philips Hueの紹介がありました。

AUGM初参加だそうです。

フェイドアウトができるので、タイマーで時間が来ると徐々に暗くなるように調節できるということでした。

今は、Hueに対応したサードパーティのアプリがいろいろあるそうです。

バージョン2は、Siriに対応し、会場では照明を「照明を赤くして」と命令して色を変えるデモが行われました。

その他にもSiriを通じて明かりのON、OFFや明るさや光源の色の変更など様々な操作を実演していました。

 

また、写真から色をピックアップできるので、その写真風景の世界を再現していました。

 

写真

 

Hue再現

 

 

株式会社ライテック

ライテックホームページへようこそ!
JII
もともとライターを作っている会社で、喫煙人口の減少に伴って他の商品も開発を始めたそうです。
USB充電式のライターを紹介していました。


このCMが海外の方に大好評で、200万回以上の再生回数とのことでした。

 

そのあと、メインのiPhoneに接続できるライトニング端子付きカードリーダーを紹介しました。
ライトニング端子付きカードリーダー
画像ファイルはもちろん、録音レコーダーの音声ファイルも取り扱えて、Dropboxなどのクラウドとも対応してファイルの移動も行えるそうです。

 

クラウドとの連携

 

またiPhoneアプリから直接AirPlayでApple TVを介してテレビに写真を映すことができるとのことでした。

 

 

 

株式会社PFU

イメージスキャナ PFU
HHK

Happy Hacking KeyboardのBlueTooth版が発売されたそうです。

会場にデモ器があったので触りましたが、なかなかいいです。
USB接続のものを買うことにしました。

 

もう一つの目玉製品が、先日発表されたばかりのOmoidoriを開発担当の佐藤菜摘氏が紹介しました。

Omoidori
そして、従来のプリントされた写真をアルバムから剥がすことなくスキャンするスキャナーです。

この製品は、iPhoneのカメラ機能を使ってスキャンするため、アダプターでiPhoneを装着して使用します。

中には、LEDフラッシュ2つ入っていて、両方向から撮影した画像を合成することによってフラッシュの反射によるテカリをなくすことに成功したそうです。

Wスキャン

日付が焼き付けられている写真からはOCR機能を使って日付を写真のデータとして取り込むことができます。

また、撮影した写真は、そのままフォトアルバムとして発注出来るそうです。

 

 

公式サイト:Omoidori(おもいどり) – iPhoneアルバムスキャナ

 

デジタル化することにより、思い出を風化させることなく保存できるようになります。
Omoidori(想い撮り)は「人がテクノロジーで幸せになる」そんな単純ですが忘れてはならないコンセプトを製品化のだと感じました。


▲佐藤家総出演のプロモーションビデオ

 

株式会社バッファロー

おもいでばこ − すべてのおもいでをここに。振り返るひとときと共に。

おもいでばこ
Apple TVに似たセットボックスなのですが、中のアプリで画像の大きさを調節する機能などがあり、家庭みんながiPhoneで撮影したの写真を一つにまとめて、保管することができます。

おもいでばこ
リモコンでサクサク操作していました。

SDカードから直接取り込むことができて、写真のデータから撮影年月日を読み取って自動的に整理してくれます。

専用のiPhoneアプリでSNSへの連携機能があるとのことでした。

そして、iPhoneアプリからおもいでばこへWi-Fi経由で送ることもできるとデモを行っていました。

おもいでばこからWi-FiでつながりiPadに入っているかのようにビュアーとして使えるアプリになっていました。

 

おもいでばこアプリ

おもいでばこは、ホーム用の写真サーバーという使い道には最高だと思います。

 

 

株式会社アピロス

アピロス

 

クリスタルアーマー
iPhoneの保護フィルムで有名なアピロスから、システム手帳型iPhoneケースやモバイルバッテリーの紹介がありました。

 

システム手帳型iPhoneケース
イタリアンレザー製のシステム手帳型ケースで、パーツを交換することによって機能を変更(例:カード入れ→コインケース)できるとのことでした。

またiPhoneを貼り付けるタイプなので、機種が変わってもそのまま使うことができるそうです。

 

EYLE
EYLEというブランドを立ち上げて、女性向けの薄いバッテリーを開発しているとのことでした。

 

小酒井准教授のAppleと教育とワシ

小酒井准教授

 

小酒井准教授

玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科 小酒井准教授による講演が行われました。

 

Apple製品の変遷

中学三年生の娘さんがいて、小学生の頃家にあったiPadを使いたいと言い始め、その後iPod touch、iPhoneとグレードアップして行ったそうです。

中学生になって初めてiPhoneを渡す時は、最低限のルールを定めた誓約書を書いてもらったとのことでした。

課題提出や授業などにスマートフォンを使う際、学生の中には通学時に動画を見すぎたため、低速通信しかできない者もいるとのことで、早いうちから、パケット管理能力をつけたほうが良いとのことでした。

 

ビジネスサイクル
ビジネスサイクルがどんどん短くなっており、以前は 定常期に収益を上げていたが、今はビジネスのライフサイクルが短くなってきているので、定常期では儲からない。

ITの発展により、今の職業の多くがなくなり、組織に属していては、食いっぱぐれるので自分で発想力を付けなければ生き残れなくなるため、自分で自分の仕事を創出する力が必要になるだろうと語りました。

それに必要なのは、想像力イノベーションコミュニケーション能力だとのことでした。

これからのスキル
このことは、世界では常識として以前から言われており、海外ではこの能力を育成する教育が行なわれている。

日本もゆとり教育によって、この能力を育てようとした。

それが失敗したのは、今までやっていた授業を減らさなければならず、減らした代わりに発想力やイノベーション能力を伸ばす教育をするのがはずだったが、現場の教師が真意を全く理解しておらず、失敗と言われてしまったとのことでした。

これにより、教育の発展が20年遅れ、「教育のICT化」で2020年にはタブレット端末での教育が始まるが、教師の教育過程では、全くiTのことを教えておらず、教師自体がクラウドが何かということを理解していないため、教育現場でiPadを配っても教える方が全く理解していないひどい事態になるかもしれないと危惧していました。

以前、AppleCLIP(Appleクリップ )で紹介された、iPhoneでレポートを書く女性学生が配信中のコメントで「Windowsの会社には行きたくない」と言ったところ、「うちはMacを使っているから是非」というオファーが数社からあったそうです。

iPhoneでレポート

 

ファイルメーカー株式会社

カスタム App で業務改善 | FileMaker — An Apple Subsidiary

iOSアプリでMac上にあるデータを編集するデモンストレーションが行われました。

事例紹介
▲北米のフィットネスクラブでファイルメーカーを使った顧客管理やトレーニング内容、機材の説明などをしているという事例が紹介されました。

 

パネルディスカッション

パネルディスカッション
最後にiOT(Internet of things)とは何かについてディスカションが行われました。
※左から「Appleclipの佐藤リッチマン」「AUGM東京代表 村上丈一郎氏」「フリック!編集長の村上琢太氏」

インターネットとつながっている何かと位置づけていました。

例えばnetatomo、など電球のヒューなどインターネットとつながって便利な機械のこと。

例として、iPhone対応の補聴器の話題が出ました。

補聴器の音量レベルをiOSの機能で調節できるとのことでした。

iPhone対応の補聴器は、騒音が大きいところへ行くと音が大きくなり、静かなところへ行けば音が小さくなるように調整して設定を保存できるとのことでした。

また、その設定がGPSと連動しており自動的に場所に行くとレベル調整がされるそうです。

時間が40分押していたため、パネルディスカッションは早々に終了し本会も終了しました。

以上

Written by メタル(@Metal_mac

 

特に気になった製品をピックアップ

 

 

 

6月30日発売予定Amazonにて予約受付中

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!