アドラー心理学の第一人者「嫌われる勇気」で有名な岸見一郎氏の講演会へ行ってきた

---広告---

嫌われる勇気は人生哲学
まだ心臓がバクバクしてるメタル(@Metal_mac)です。

(^^;;

今日(8月25日)は、京都駅前で行われた「嫌われる勇気」や「アドラー心理学入門」などの著書で有名な岸見一郎氏の講演会へ行ってきました。

そして、短い間でしたが終了後に少しお話もさせていただきました。

なので、心臓ばくばくw

【広告】
わたしが、まだうつの症状が時々出ていた時に「嫌われる勇気」を読んで、とっても心が楽になり、それから一気に快方へ向かった覚えがあります。

まさに、わたしにとっては救世主的な存在で、わたしがアドラー心理学にハマるきっかけになりました。

講演内容

講演会の看板

最初の90分程度は、先生によるアドラー心理学の考え方の解説でした。

先生が心筋梗塞で倒れ長期入院していた時の話、カウンセラー時代や、子供の頃の話を交えてわかりやすく説明されていました。

主に、自己承認、自己肯定感の話が中心。

つまり、自分は生きているだけで価値があると思えるか、否か。

先生も入院中、主治医の先生から起き上がることも許されず、ましてや執筆活動も禁止され、ベッドに横たわり、ただボーッとする毎日を過ごす生活。

一時は、どの程度まで回復するかは、わからなかった。

もう2度と、教壇に立つことができないかもしれない。

執筆活動さえも危ぶまれる状態に陥り、病院のベッドに横たわり、こんな思いが胸に浮かんだそうです。

自分はこのまま生きていて良いんだろうか?

そんな時、倒れたことを聞きつけた、友人が遠路はるばるお見舞いに駆けつけてくれた。

先生は、逆の立場だったらどうだろうか?

と考えたそうです。

もし、自分の友人や親族が同じように病気で倒れ、何もできなくなったとしたら、わたしはその人を生きていても仕方がない、価値がない人間だと思うだろうか?と。

きっとそうは、思わないだろう。

そう考えることができて、心が楽になったそうです。

わたし的には、この他にもアドラー心理学を再確認できる内容が盛りだくさんでした。

 

質疑応答

会場の様子

休憩を挟んで、参加者との質疑応答が始まりました。

さながら、公開カウンセリング。

みなさんの悩み相談でした。

転勤してきた上司と従業員との不仲」「後輩の指導に悩む先輩」「問題行動を起こす子供との接し方」などなど、よく耳にする悩みについて、先生が答えていきます。

わたしも、いつの間にか心の中でカウンセリングを始めていました。

先生のアドバイスと同意見のこともあったり、そんな対処方法があるのか、と感心したり。

さすが、先生はカウンセラーとしても活躍されていたそうで、見事なカウンセリングでした。

そして悩みの回答には、当然ながらアドラー心理学の考え方が引用され、適切なアドバイスをされていきます。

アドラー心理学の奥深さを垣間見た感じがしました。

印象に残ったうちの1つは、やはり勇気です。

人になんと言われようと、自分はこれで良いんだ、自分の道を歩いて行くんだ。

と思い切ることで、他人の人生を生きるのを止めて、自分の人生を生きることができる。

それともう1つ。

自分で自分を評価する場合は、どこに注目するかで評価が変わる。

できなかった事ばかりに注目してしまうと、自分の評価を下げてしまい、生きるのが苦しくなる。しかし、できたことに注目すると、自分が思っているより案外でいている事多いんじゃないかな。

と仰っていました。

 

まとめ

岸見先生との2ショット
会いたい人に会いに行く。

講演会に参加して正解でした。

最後は先生の共同著書「幸せになる勇気」にサインしてもらい、一緒に写真を撮っていただきました。

先生もAppleマニアだったのはビックリ。

Apple Watch

 

本のサイン「今ここで真剣に生きる」
今ここで真剣に生きる

そうなんですよね。
自分にできることはそれだけなんですよ。それでいいんですよ。

ありがたいお言葉いただきました。

あー!緊張した。

講演会の予定は公式サイトでチェックしてください。

Written by メタル(@Metal_mac

 

オススメの一冊

 

人生が変わるオススメ啓発本
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!