秋刀魚の塩焼き美味しい焼き方調理方法 もちろん炭火

---広告---


秋刀魚(サンマ)が美味しい季節ですね。

久しぶりに秋刀魚を買ってきて、炭火で焼いてみました。

ブログでは初公開かな? わたしは結構炭火が好きで、機会があれば焼き肉や秋刀魚などを焼いてます。

今回は、Facebookで画期的な方法を教わったので、ブログでもシェアしますね。

 

【広告】

用意するモノ

  • 七輪、もしくは炭が使えるバーベキューコンロ
  • 秋刀魚

もちろん、炭も必要です。

わたしは、ホームセンターで買える普通のバーベキュー用炭を使ってます。

七輪の土でできた本物は朽ちやすいので、アルミ製のこんなバーベキューコンロ使ってます。

 

下準備

秋刀魚は、塩を振って30分ぐらい寝かした後、焼きにかかります。

この時、目を箸でくりぬいて、そこへ尻尾をくぐらせて円形にします。

そして、背中から焼いていくのがポイント。

秋刀魚の焼き方

 

焼き加減

今回初めてこの焼き方を試したので、焼き加減がわからなかったのですが、やってみた感じでは10のうち、背中が7、腹が3ぐらいがちょうどいいようです。(検証中)

この焼き方だと、最初に背中を焼くので、脂がのった腹が直接火に炙(あぶ)られず、ジワジワと中で身が蒸されていくようです。

 

焼いているところ

 

また、脂があまり落ちないので焦げにくく、上手に焼ければ腹の中にジューシーな脂が詰まったまま召し上がれます。

これまでは秋刀魚を横にして焼いていたんですが、スペースが狭くなるので、1度に焼ける本数がせいぜい3枚。

それも、場所によって火加減が違うので焼きむらができていたのですが、今回は秋刀魚がコンパクトになるので、均一に焼けます。

それに、コンパクトになるので、本数も多く焼けてGood。

一石二鳥です。

 

まとめ

秋刀魚は、アルギニンというアミノ酸が含まれていて、疲労回復、アンチエイジング、脂肪燃焼(ダイエット)効果がある食材としてもしられています。

これから、ますます旬になって美味しい季節ですね。

秋刀魚

Written by メタル(@Metal_mac

 

【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!