SIMフリーiPhoneでIIJmioへ乗り換えた めっちゃ簡単やん!なんやこれ安い!

---広告---

格安SIMに乗り換える作戦成功

とうとう、iPhone7 Plusを購入して、先日MVNOいわゆる格安SIMIIJmioに乗り換えを果たしました。

そしてIIJmio 音声通話機能付きSIM「みおふぉん」へ一家全員で引っ越しました。
なんか気持ちいい〜

IIJmioの特徴は、何といってもデータ通信量10GBを家族で分け合えるシェアプランがあること。
それも、SIMカード3枚までは、発行手数料だけで追加料金無し。

キャリア縛りも1年なので、不満だったら1年で乗り換えもできる。

もう大手3社の値引き合戦やら、わけのわからん料金体系からおさらばです!

おまけに提携するビックカメラ.comが販売しているBIC SIMだとWi2 300(公衆無線LAN)サービスが無料になります。

では、引っ越し方法などをご紹介します。

 

【広告】

準備するモノとSIMのアクティベート(有効化)

  • SIMフリーiPhoneまたはSIMフリー化したキャリアのiPhone
  • IIJmioのSIM(但し回線開通済み)

他のキャリアからMNP(ナンバーポータビリティ)で引っ越す場合は、事前に予約番号を入手する必要があります。

SIMの購入

IIJが全く初めての方は、Amazonなどの通販、またはビックカメラなどでSIMのパックを購入する必要があります。

▲これにはSIMは入っていません。SIMをおくってもらう権利を買うってイメージでしょうか。これが到着後IIJに申し込んでSIMを送ってもらいます。

 

但し、10月31日までビックカメラでは、IIJと提携して通常3,000円の開通手数料が1円になるキャンペーンを実施していて、今ならお得に導入できます。

 

SIMが到着後、iPhoneへ差し込んでアクティベート(有効化)します。

 

SIMのアクティベート(有効化)

SIM入り取説
▲この中にSIMが入っています。

 

SIMカード
▲MNPで乗り換える方は、SIMの申込時にMNP予約番号と電話番号をWeb上から登録してあるので、送ってきたSIMのカードに電話番号とMNP用の番号が記載されています。

 

ナンバーポータビリティ手続き
▲音声ガイダンスに従って、手続きをします。

 

この冊子には数時間後と記載されていますが、わたしの場合には1時間経たないうち切り替わりました。
その時の混雑具合によっても変わるのかもしれません。

 

開封の儀

ブラック
▲わたしは、あまり色に拘らないのでいままでもスペースグレーばかりでした、今回も基本のノーマルブラック。

 

開封したところ
▲開封したところ。

 

iPhone7Plusブラック
▲マットな黒が渋い!

 

イヤフォンなど
▲噂のヘッドフォンをライトニング端子に変換するアダプター、ヘッドフォンやライトニングケーブルなど。

 

SIMを抜くピン
▲説明書などが入っている冊子の中のピンを取り出してSIMスロットを開けます。

 

SIMのベイを開ける
▲SIMのベイを開ける

 

SIMを乗せるベイ
▲SIMのベイを取り出した状態のまま上にSIMカードを乗せます。四隅の角が切られているので方向は解りますよね。

 

iPhoneへSIMを挿入
▲SIMを乗せた状態で再びiPhoneへ挿入。カチッと止まるまで押し込みます。

 

電源ボタンを入れて起動
▲電源ボタンを入れて起動

 

iPhoneの設定
▲起動したら言語の設定やネットワークの設定を行ってiPhoneの設定は終了。

 

iPhoneを引き継ぐ場合の注意事項

以前のiPhoneからデータを引き継ぐ場合は、一旦「新しいiPhone」として設定(AppleIDやSiriなどの設定はしなくてOK)して、iOSのバージョンアップを行ってから引き継がないとトラブルの元です。

前回ハマったので記事にしてありますので参照してください。

iPhone6s Plus へのデータ移行で私がハマった2つのトラブル

2015.09.29

 

最後にIIJmioのプロファイルを専用サイトからiPhoneにインストールします。
これを入れないとデータ通信できないので注意。

 

まとめ

わたしと、嫁さん、娘2号の3台分iPhoneをMNPでIIJへ移行して無事にキャリアの呪縛を逃れて引っ越し終了です。

娘2号は、まだ学生でデータ通信量が多かったため、データ量10GBを共有できるファミリーシェアプランへは入れず、ライトスタートプラン(6G)を契約しましたが、それでも毎月約23,000円払っていた携帯電話料金が、税込みで6,000円弱(約4分の1)になりました

キャリアのメールアドレスが使えなくなるというデメリットはあるものの、このなるキャリア間でも電話番号で送受信できるSMS(ショートメッセージサービス)が使えるし、そもそもiPhone同士ならiMessageが使えるので問題ありません。

乗り換えて1週間ほどになりますが、その他は目立ったデメリットもないので、もっと早くやれば良かったと反省しきりです。

あ、IIJでは10月から、みおふぉんの回線を従来のdocomo回線(Dプラン)だけじゃなくau回線(Aプラン)も選べるようになりました。

 

よきMVNO計画を

Written by メタル(@Metal_mac


 

メタルのおすすめ関連記事

iPhone7とiPhone7 Plusあなたはどれにする? 更新年じゃないけど買い換える我が家の事情

2016.09.09

iPhone6s Plus へのデータ移行で私がハマった2つのトラブル

2015.09.29

iPhone SEが発売になったらMVNO(格安SIM)化していく作戦開始

2016.03.21

auのiPhoneをSIM(シム)フリー化に挑戦 あっけないほど簡単だった

2016.05.03

ソフトバンクからのナンバーポータビリティ(MNP)予約番号を迷わず発行してもらう方法

2015.12.13
【広告】

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!