ドキュメンタリー映画「Life」上映会に参加 東日本大震災はまだ終わっちゃいない

---広告---

Life

6年前の3月11日、東日本大震災襲った巨大津波。

昨日(3月12日)、その災害の様子を記録したドキュメンタリー映画「Life」の上映会へ行ってきました。

会場は、わたしが会員となり、セッションやセミナーに利用させて貰っている名古屋伏見「カフェコスモス」。

この映画は、元テレビ局の報道記者「笠井千晶」さんが、震災後個人的に福島へ震災直後から通い続け、まだ行方不明のご家族の捜索を続ける家族の姿を記録し、自主制作されたドキュメンタリー映画です。

 

【広告】

津波と原発

福島は、津波と原発被害がダブルで襲った地域。

上映会でも行方不明者を捜索したいのに、原発が危険な状態であったり、放射能の影響で避難せざるを得なかった方達の無念な気持ちが画面に映し出されていました。

上映会後に行われた対話会では、福島在住でカフェコスモスの遠方会員 まつこさんと、この上映会を主催されたヒデさんが前に出て、参加者の質問に答える形で当時の状況、現在の福島の様子などをお話しされました。

 

上映会後のトーク

 

お話を伺うと福島では、土を除染するために表面の土を削り取り、それを容器に入れた大きな除染土があちらこちらの置いてあるとのことです。

 

 

環境省のサイトによると、その土の処分にはあと30年はかかるとのことです。

そして、まつこさんのお話しによると福島の方々のなかには、祖先から引き継いだ畑などの土地を放射能で汚染してしまったという「罪悪感」も持っている方も多いとか。

▼複雑な思いもあり、時折涙ぐまれていました。
まつこさん

 

もちろん、まだ約2,000人の行方不明者がいるこの震災。

東北の方々にとっては、まだ終わっていないし傷口はけして癒えていないと実感しました。

 

まとめ

このドキュメンタリーは4年ほど前、わたしの友人が笠井さんに協力していて、その時の映像を上映会で見たことがあります。
今回の映像は、その後も含めた総集編でした。

これから日本各地で上映会が開催されるようですから、ご興味のある方は是非観てください。

上映会の情報はFacebookページに掲載されています。

 

Written by メタル(@Metal_mac

 

メタルのおすすめ関連記事

東日本大震災のリマインド

2017.03.11
【広告】

 

 

この記事が気に入ったら
応援お願いします (^o^)

リンカジmacの最新情報をお届けします

Twitterでメタルをフォローしよう!

気に入ったら友達へシェア!

メルマガ始めました
バックナンバーは公開しませんので、登録はお早めに
▼こんな内容になります。

メルマガ発行中

2017.02.14
▼必要事項を入力後、送信ボタンをクリックしてください。
メールマガジン「自分の人生を歩こう」登録フォーム
*メールアドレス
*お名前(ニックネーム可)
*性別
配信は「magaz@raise-eyes.jp」から行います。携帯電話などはでは、このアドレスの受信を許可する設定をしてください。